theDANN media|お酒の総合メディア

theDANNは、「語らい、愉しい」をテーマに、お酒のメディア運営しています。吟醸、クラフトビール、ビオワインなどこだわりのあるお酒を中心に誰もがカンタンに楽しめる情報を発信しています。

menu

カルロロッシを徹底解説!歴史や産地、おすすめワインをご紹介

カルロロッシを徹底解説!歴史や産地、おすすめワインをご紹介|theDANN media

 

 

こんにちは、theDANN編集長のダンです。

 

今回は人気のワインであるカルロロッシについて徹底解説しました。歴史や味わい、合う料理などを書きましたので、ぜひじっくり読んでくださいね。 

 

それでは、はじまり〜はじまり〜

 

 

 


 

カルロロッシとは?

カルロロッシとは?|theDANN media

 

カルロロッシはアメリカ・カリフォルニア州にあるE.& J.ガロワイナリーが1974年にリリースしたブランドです。アメリカの禁酒法撤廃の1933年に創業したこのワイナリーは、2014年の統計を見ると世界最大級の家族経営ワイナリーとなっています。

 

そして創業者の一人であるアーネスト・ガロは、カリフォルニアワインを世界に知らしめた功労者とされています。基本的なコンセプトはフレッシュでフルーティ、どんな料理にも合わせられるラインナップ、親しみやすく高い品質です。日本人の嗜好に合わせた品揃えは、大変魅力的なものとなっています。

 

カルロロッシの味わいや香り

カルロロッシの味わいや香り|theDANN media

 

カルロロッシには4種類の標準的スティルワインと、氷で冷やして飲むのに適した2種類のスティルワイン、そして2種類のスパークリングワインの合計8種類があります。スティルワインの赤2種類に共通するのはブラックチェリーのような香りです。ライトボディでもフルボディでもこの香りが魅力となっています。

 

一方、ロゼを含むスティルワインの白2種類は、甘口でも辛口でもすっきりした飲み口が特徴です。さらに氷を入れて飲むことが前提のスティルワインは、赤白ともに酸味と甘味のバランスが氷を入れた時に引き立つようになっています。そしてスパークリングワイン2種類はフレッシュな果実味が特徴です。

 

カルロロッシの産地

カルロロッシの産地|theDANN media

 

E.& J.ガロワイナリーの本社があるアメリカ・カリフォルニア州モデスト市は、市を取り巻く肥沃な農地によって大規模農業経済が成立しています。その一翼を担うのがカルロロッシのワインです。また、ワインのおつまみとしても好まれるアーモンドの有名ブランド、ブルーダイヤモンドの他、酪農や牧畜、オリーブオイルなども有名で、こうした同じ土地の農業製品がカルロロッシのワインに良く合います。

 

モデストの冬は冷涼ですが湿度が高く、地上を覆う霧がよく発生します。一方、夏は乾燥して気温が高くなります。大規模農業で灌漑設備が発達したアメリカでは、こうした気候が良いぶどうを育てるのです。

 

カルロロッシに合う料理

カルロロッシに合う料理|theDANN media

 

割合どんな料理にもよく合うカルロロッシですが、ベーシックなスティルワイン4種類は食前・食中酒として、アイスタイプやスパークリングワインはデザートワインとして飲むと美味しいでしょう。赤のスティルワインはカルパッチョやタルタルステーキなど、生牛肉とオリーブオイルを合わせたものにもよく合います。

 

もちろんフルボディの赤は、アメリカ風の厚切りステーキやTボーンステーキなどにもよく合うのです。白やロゼは日本風のマグロやサーモンのカルパッチョとか、カリフォルニアのフィッシャーマンズワーフで食べられるようなシーフード料理がおすすめと言えます。また、アイスタイプやスパークリングワインには、フルーツの砂糖漬けを入れて、サングリア風に飲むのも美味しいです。もちろんロックでも美味しく飲めます。

 

ワインのご紹介

カルロロッシ・レッド

 

カルロロッシ・レッドはスティルワインの赤です。ライトボディの飲みやすいこのワインはシルキーな口当たりです。ブラックベリーのような香りとフルーティな味わいが魅力と言えるでしょう。

 

容量は250mL瓶、720mL専用ペットボトルと、3LのBIB(※)タイプです。実勢価格は250mLで税込300円前後、720mLは実勢価格の幅が広いのですがボリュームゾーンは税込550円~620円くらいです。3Lのものは1,700円~2,100円くらいとなっています。

 

(※)BIB:バッグ・イン・ボックス。プラスチックの多層フィルムでできた内側パッケージにワインを充填し、ダンボールの箱で外側を覆ったものです。ワインが減ると内側のパッケージがしぼむため空気が入りにくく、大容量でも酸化を防ぎやすくなっています。飲み終わった後は簡単に内外を分離できるのでリサイクルも手軽です。

 

カルロロッシ・ダーク

 

カルロロッシ・ダークもスティルワインの赤です。レッドと同じようにブラックベリーのような香りが魅力的ですが、フルボディのどっしりした赤ワインです。完熟ブドウの強い果実感が飲み心地に満足感を与えてくれています。

 

容量は720mLペットボトルと3LのBIBです。実勢価格は720mLで税込500円~600円、3Lのもので1,600円~2,700円と、やや値幅が広くなっています。

 

カルロロッシ・ホワイト

 

カルロロッシ・ホワイトはスティルワインの白です。辛口ですがほのかな甘味も感じられるフルーティなワインです。酸味とのバランスでスッキリした味わいが感じられます。

 

容量は250mL瓶、720mLペットボトルと、3LのBIBです。実勢価格は250mLで税込300円前後、720mLは実勢価格の幅が広いのですがボリュームゾーンは税込550円~620円くらいです。3Lのものは1,700円~2,400円くらいとなっています。なお、一部の通販サイトではオーストラリアワインと表記されていますが、このワインはアメリカのカリフォルニアワインです。

 

カルロロッシ・ロゼ

カルロロッシ・ロゼはスティルワインのロゼです。やや甘口のワインですがスッキリしていて、シトラスのふくよかな香りとまろやかな口当たりが魅力です。容量は720mLペットボトルと3LのBIBです。実勢価格は720mLで税込500円~700円、3Lのもので1,700円~2,800円と、やや値幅が広くなっています。

 

カルロロッシ・アイス・レッド

 

 

カルロロッシ・アイス・レッドは氷を入れて飲むことを前提に作られたスティルワインの赤です。チェリーリキュール風の果実感と爽やかなシトラスの香りを持ったライトボディの赤ワインです。

 

フルーティさと赤ワイン感のバランスが絶妙と言えるでしょう。実勢価格は720mLペットボトルで税込630円前後となっています。

 

カルロロッシ・アイス・ホワイト

カルロロッシ・アイス・ホワイトは氷を入れて飲むことを前提に作られたスティルワインの白です。

 

白桃のような果実感と爽やかなレモンの香りを持った、ほのかな甘口の白ワインです。アルコール度数は10.5%と低めで軽やかな味わいとキレの良さが魅力です。実勢価格は720mLペットボトルで税込590円前後となっています。

 

カルロロッシ・アイス・スパークリングホワイト

カルロロッシ・アイス・スパークリングホワイトはスパークリングワインの白です。最初にレモンとライム、中盤にリンゴや白桃の香りが感じられるもので、果実感の強さが目立ちます。

 

それを爽やかな酸味と炭酸がまとめ上げたほのかな甘味のスパークリングワインと言えるでしょう。実勢価格は280mLボトル缶で税込280円強ですが、24本入り6,800円程度で販売されることが多くなっています。

 

カルロロッシ・アイス・スパークリングロゼ

カルロロッシ・アイス・スパークリングロゼはスパークリングワインのロゼです。力強いグレープフルーツや、華やかなトロピカルフルーツの香りが感じられるフルーティなワインです。

 

後口にもグレープフルーツの香りが感じられる、ほのかな甘口のワインと言えます。実勢価格は280mLボトル缶で税込280円強ですが、24本入り6,800円程度で販売されることが多くなっています。