theDANN media|お酒の総合メディア

theDANNは、「語らい、愉しい」をテーマに、お酒のメディア運営しています。吟醸、クラフトビール、ビオワインなどこだわりのあるお酒を中心に誰もがカンタンに楽しめる情報を発信しています。

menu

ムートンカデとは?美味しい飲み方を解説!

ムートンカデとは?美味しい飲み方を解説!|theDANN media

 

 

こんにちは、theDANN編集長のダンです。

 

今回はムートンカデについて徹底解説しました。歴史についてや、美味しい飲み方などを解説したので、ぜひじっくり読んでくださいね。 

 

それでは、はじまり〜はじまり〜

 

 

 

ムートンカデとは?

ムートンカデとは?|theDANN media

 

ムートンカデは、高級ワインのシャトー・ムートン・ロートシルトをカジュアルに楽しめるラインアップです。ブドウが不作だった1930年、ロートシルト家のカデ(末っ子)だったフィリップ・ド・ロートシルト男爵は、余ったブドウを使ってムートンカデをリリースしました。

 

低価格にもかかわらずクオリティが高いことから、ムートンカデはファンの間でも高い評価を得ています。ラインアップには、ルビー色の赤や黄金色の白、ローズ色のロゼなどがあります。赤はカベルネ・ソーヴィニヨンをベースに造られることが多く、白にはソーヴィニヨン・ブランなどが使われます。

 

ムートンカデのラインアップの味わいや香り

ムートンカデのラインアップの味わいや香り|theDANN media

 

ムートンカデのラインアップは、いずれも飲みやすいテイストや香りが特徴です。赤はカベルネ・ソーヴィニヨンのフレッシュな果実味が味わえるのが魅力で、熟成期間が短くても物足りなさを感じないテイストに仕上がっています。

 

カシスやラズベリーなどの甘い香り、木の香りなどは、ムートンカデの赤ワインが持つ個性です。白やロゼは、爽やかな香りと軽やかなテイストが持ち味です。クセが少なく、上品な風味が楽しめるワインがムートンカデの白やロゼには多く見られます。

 

「ムートンカデ レゼルヴ・メドック」などの一部の銘柄は、熟成によって生まれるまろやかさ、重厚さ、エレガントなテイストが楽しめます。

 

ムートンカデの生産地

ムートンカデの生産地|theDANN media

 

ムートンカデの生産地は、シャトー・ムートン・ロートシルトと同じフランス南西部にあるボルドー地方です。ムートンカデの生産を手掛けるロートシルト家のシャトーでは、契約農家の畑から選りすぐったブドウを使用しています。

 

海洋性気候のボルドー地方は季節による気温差が少なく、安定した環境でブドウが栽培できる地域です。石灰質の泥灰土や粘度質の土、砂利などで構成されているメドック地区の土壌は、水はけがよく太陽の熱を吸収しやすいのが特徴になっています。土壌には河原の石や小石が多く、熱をより長く地面にとどめておくことができます。

 

ムートンカデに合う料理

ムートンカデに合う料理|theDANN media

 

ムートンカデの赤は、牛ヒレ肉のステーキなどの肉料理と合わせやすいワインです。フルーティーな香りとスパイシーなテイストは、濃厚な肉料理とよく合います。タンニンのコクが適度に感じられるムートンカデの赤は、油分の多い肉料理に負けることなく風味を引き立ててくれるワインです。

 

爽やかで上品なムートンカデの白は、ホタテやカニ、エビなどのシーフードの料理とマッチします。魚介類のマリネやカルパッチョと組み合わせれば、フレッシュなシーフードのうま味が存分に味わえるかもしれません。ムートンカデのロゼは、天ぷらやシューマイなどの中華とも好相性です。

 

おすすめムートンカデ5選

ムートンカデ ブラン 2017

 

楽天で販売されている「ムートンカデ ブラン 2017 ハーフボトル」」は、1,000円以下のお手頃価格で購入できるムートンカデの白ワインです。375ml入りのこの商品は、楽天では800円台の値段がついています。

 

こちらのワインは、レモンやグレープフルーツのようなフレッシュな香りと酸味が楽しめるのが特徴で、白い花やハーブの繊細なニュアンスもほのかに感じられます。

 

ムートンカデ ルージュ 2016

 

「ムートンカデ ルージュ 2016」は、ブドウのフルーティーさと酸味がバランスよく感じられるテイストに仕上がっており、ムートンカデの赤ワインの魅力にトライできる一品です。舌触りが滑らかで飲みやすいところや口のなかにほどよい余韻が残るところも、魅力になっています。

 

ル ロゼ ド ムートンカデ 2019

 

アマゾンが取り扱う「ル ロゼ ド ムートンカデ 2019」は、ムートンカデのロゼワインです。人気漫画の「神の雫」でも紹介されたこのワインは、透明感のあるサーモンピンクの液色をしています。

 

アマゾンでは2,000円台で販売されており、ムートンカデでもやや価格帯が上がっている商品です。メルローやカベルネ・ブラン、カベルネ・ソーヴィニヨンなどの複数のブドウがブレンドされ、すっきりとした辛口のテイストに仕上がっています。

 

ムートンカデ レゼルヴ・ソーテルヌ

 

「ムートンカデ レゼルヴ・ソーテルヌ 」は、ムートンカデでもややグレードの高いラインアップです。アマゾンでは4,000円台で販売されており、クオリティの高いテイストが期待できます。

 

ソーテルヌの白ワインであるこちらの商品は、セミヨンやソーヴィニヨン・ブランなどのブドウが使われています。ソーテルヌならではの甘口のテイストは、食後のデザートとも合わせやすいです。洗練されたパッケージも、この商品の魅力と言えます。

 

ムートンカデ 1966

 

ムートンカデでも価格が高いのが、アマゾンで20,000円台の値段がついている「ムートンカデ 1966」です。1966年のヴィンテージである「ムートンカデ 1966」は、ムートンカデのラインアップでも別格の存在感を放つ一品です。

 

長期熟成によって生まれた豊かで深みのあるテイストが期待できるため、成熟した赤ワインが好きな人にとっても魅力的なワインと言えます。
並行輸入品のこちらの商品は、ラベルの状態も比較的よく、木箱がついています。