theDANN media|お酒の総合メディア

theDANNは、「語らい、愉しい」をテーマに、お酒のメディア運営しています。吟醸、クラフトビール、ビオワインなどこだわりのあるお酒を中心に誰もがカンタンに楽しめる情報を発信しています。

menu

岩の原ワインをご紹介!日本に欠かせない金賞ワイン

岩の原ワインをご紹介!日本に欠かせない金賞ワイン|theDANN media

 

 

こんにちは、theDANN編集長のダンです。

 

今回は日本が誇る、岩の原ワインについて徹底解説しました。歴史や味わい、合う料理などを書きましたので、ぜひじっくり読んでくださいね。 

 

それでは、はじまり〜はじまり〜

 

 

 

岩の原葡萄園とは

岩の原葡萄園とは|theDANN media

 

岩の原ワインは、日本のワインの歴史において欠かせない存在です。日本ワインの父と呼ばれている川上善兵衛は、明治23年(1890年)に岩の原葡萄園を開設しました。土地に適したブドウの品種改良に勉め、1万回以上の品種交錯の中で優良品種を22品種完成させました。こうして誕生したブドウは、日本初の国産ワインブドウとして多くのワイン愛好家に親しまれるようになったのです。

 

岩の原葡萄園では、平成17年(2005年)にワインを熟成するために、かつての熟成方法である雪室を復活させました。川上善兵衛が日本酒の寒造りを応用したもので、低温熟成することにより、ブドウの味を更に濃縮することが出来るのです。

 

岩の原ワインの味わいや香り

岩の原ワインの味わいや香り|theDANN media

 

岩の原ワインの特徴は、ブドウ本来の味や香りをギュッと濃縮していることです。蓋を開けた瞬間に、まるで摘みたてのブドウそのままのような爽やかな甘い香りが広がります。そして、その味わいはブドウ本来の甘さを損なうことなく、芳醇かつ繊細なものに仕上がっているのです。

 

喉ごしは、その濃厚な味わいに反しスッキリと爽やかで、ほのかに口の中に余韻を残してくれます。岩の原ワインの特徴は、自然のブドウの甘味をそのまま濃縮していることです。品種によって違うそれぞれの特徴を活かした味わいを、ワインの中に感じとることが出来ます。

 

岩の原ワインの産地

岩の原ワインの産地|theDANN media

 

岩の原ワインに使用されているワインの産地は、岩の原葡萄園がある新潟県上越市です。その昔、城下町として栄えた地域で、頸城平野を一望することも出来、遥か向こうには日本海を見渡すことが出来ます。水捌けが良い土地で、気温は夏は暖かく冬は厳しい寒さとなりますが、年間を通じて湿度はやや高めです。

 

ブドウ造りに適した土地で、ここからワインに使用される品種として代表的なマスカット・ベーリーAや美しい赤色のベーリー・アリカントA、濃厚なワインを生み出すブラック・クイーン、やや酸味があるレッド・ミルレンニューム、口当たりの良いローズ・シオターなどが品種改良によって誕生しました。

 

岩の原ワインに合う料理

岩の原ワインに合う料理|theDANN media

 

芳醇な味わいを楽しめる岩の原ワインの赤、牛肉や豚肉を使用した肉料理と合わせやすく、特に和食やフレンチといった繊細な味わいの料理に適しています。また、スッキリと爽やかな白は魚介類やコクのあるチーズとよく合うため、魚介類の料理が多いイタリアンやギリシア料理など、味がしっかりと濃いめに付けられている料理を食べる時にピッタリです。

 

また、ブドウ本来の味や香りを楽しむことが出来る岩の原ワインは、前菜からデザートまで楽しめるコース料理においても食後酒としても味わえるワインです。種類が豊富なため、料理によってそれぞれ選ぶことが出来るのです。

 

岩の原ワインおすすめ5選

岩の原ワイン 善 白

 

1000円前後で気軽に楽しみたいという時には、「岩の原ワイン 善 白」のハーフサイズがピッタリです。上品な口当たりと爽やかな喉ごしを味わうことが出来て、和食にもよく合います。

 

マスカット・ベリーAに、デラウェアと甲州といった個性の強い品種同士が使われているにも関わらず、それぞれの味の特徴をしっかりと感じることが出来ます。食前や就寝前に軽く飲みたいという時にはピッタリなワインです。

 

岩の原ワイン 善 赤

 

「岩の原ワイン 善 赤」は、白とはその味や香りが異なり、別の深い味わいを感じることが出来ます。タンニンの味も穏やかで、フルーティーな味わいを楽しむことが出来ます。

 

果実そのものの甘さや、爽やかでどこか酸味を感じさせる香りなど、軽やかな口当たりを楽しむことが出来るので、パーティなどに出すだけでも華やかさを添えてくれます。スタンダードなワインが飲みたい時には最適なワインと言えます。

 

岩の原 深雪花白

 

普段の料理などに合わせたいという時には、3000円以内で楽しめる「岩の原 深雪花白」がおすすめです。

 

癖のない味と上品な香りで、繊細な和食から味わい深い洋食、更には素材の美味しさを味わえるアジア料理など、どんな料理にも幅広く使用することが出来ます。食後は口の中をさっぱりと済ませたいという人には、とても相性が良いと言えるワインなのではないでしょうか。

 

岩の原 ワイン ヘリテイジ

 

特別な日にちょっとリッチな気分でワインを楽しみたいという時には、「岩の原 ワイン ヘリテイジ」の赤はいかがでしょうか。岩の原ワインにおいて最高級のワインで、完熟したマスカット・ベリーAとブラック・クィーンを更に厳選して造られています。

 

豊かな味わいとほのかな酸味が絶妙なバランスで組合わさり、贅沢な味を実現させました。ゆったりとワインの味を噛み締めたい時に、エレガントな深い味を堪能することが出来るワインなのではないでしょうか。

 

岩の原ワイン レッド・ミルレンニューム

 

大切な人に贈り物をする時にワインと考えている時には、6000円前後で購入することが出来る「岩の原ワイン レッド・ミルレンニューム」が最適ではないでしょうか。

 

岩の原葡萄園の創設者である川上善兵衛が手掛けた品種レッド・ミルレンニュームを使用し、果実本来の甘さを凝縮し、芳醇な豊かな香りと、甘さのなかにもキレを感じさせる独特の風味は、ワインを愛する人にはピッタリな1品となるでしょう。