theDANN media|お酒の総合メディア

theDANNは、「語らい、愉しい」をテーマに、お酒のメディア運営しています。吟醸、クラフトビール、ビオワインなどこだわりのあるお酒を中心に誰もがカンタンに楽しめる情報を発信しています。

menu

函館ワインを徹底解説!北海道の味わいをご紹介

函館ワインを徹底解説!北海道の味わいをご紹介|theDANN media

 

 

こんにちは、theDANN編集長のダンです。

 

今回は北海道が誇る函館ワインについて徹底解説しました。歴史や味わい、合う料理などを書きましたので、ぜひじっくり読んでくださいね。 

 

それでは、はじまり〜はじまり〜

 

 

 

函館ワインとは

函館ワインとは|theDANN media

 

函館ワインの歴史は古く、その始まりは幕末まで遡ります。1865年に当時の函館奉行がプロシア人のガルトネルに西洋式農業の許可を与えました。1882年には赤ブドウのコンコードなどが栽培されワインが製造されていたという記録が残っています。

 

そして、1929年に駒ヶ岳が噴火した後、函館の森町には山葡萄が芽吹き、複数の果樹園が開園しました。それと同時にワイン造りも開始され、国産ワインとしての大きな1歩を踏み出すこととなったのです。西洋のワインをそのまま真似しただけではなく、更に日本人に合うように改良して、飲みやすいワインは完成しました。

 

函館ワインの味わいや香り

函館ワインの味わいや香り|theDANN media

 

函館ワインの香りや味は、素材そのものを活かしたものが多く、添加物が少ないことが特徴的です。函館ワインの味は、使用されているブドウの品種により異なりますが、上品で気品がある香りが特徴的なものから、芳醇で豊かな味わいを感じられるものまでと幅広く、それぞれ自然の甘味が凝縮しています。

 

美味しいワインを完成させるためには、原料であるブドウの味で大きく左右されます。どれだけ優れた技術を用いても、素材の味が良くなくては成功はしません。函館ワインは、良質の素材と優れた技術により香りや味を豊かに感じることが出来ます。

 

函館ワインの産地

函館ワインの産地|theDANN media

 

幕末の頃にブドウが造られていたという七飯町は、函館市より程近く、その気候は寒冷地である北海道の中では比較的温暖な方で、その降水量も1年を通して多くはありません。ブドウを栽培するには適している土地であり、キャンベラやナイアガラが多く栽培されています。

 

また、近隣の与市町のブドウも、函館ワインには多く使われています。与市もまた、1年を通して暖かく真冬でも氷点下10度以下になることはごく希です。ケルナーやセイベル、ピノ・ノワールといったワインには欠かせない品種が多く栽培されています。函館ワインは、北海道の雄大な自然とブドウに適した気候によって完成した魅力的なワインなのです。

 

函館ワインに合う料理

函館ワインに合う料理|theDANN media

 

函館ワインは、北海道ならではの食材や料理との相性が抜群です。なかでも、ジンギスカンや鹿肉などを使ったジビエ料理は味や香りには癖が強く好みも分かれますが、函館ワインのフルーティーな香りとまろやかな甘味、更にはほどよいタンニンにより食べやすくなります。

 

更に、塩味を含むチーズなど乳製品を使った料理ともよく合うので、イタリアンやフレンチにもピッタリです。また、函館ワインの白の爽やかで微かに酸味を感じる喉ごしは、魚介類をあっさりと食べることが出来ます。

 

函館ワインおすすめ5選

北海道100キャンベルアーリー

 

1,000円前後で気軽に飲めるワインを探している時には、1,210円の「北海道100キャンベルアーリー」がおすすめです。どことなくベリーの香りを漂わせる甘く爽やかな香りが、爽やかな後味と共にいつまでも口の中に残ります。

 

原料として使用されている北海道産のキャンベルアーリーは、甘味と酸味のバランスがよく、深い味わいを楽しむことが出来ます。常温で飲んでも美味しいのですが、冷やして飲むことで、ワイン本来のキレの良さを感じることが出来ます。

 

プロムナード 夜景 赤

 

スッキリとした赤ワインが飲みたい時には、1,210円で購入することが出来る「プロムナード 夜景 赤」などはどうでしょうか。ラベルには函館の夜景が輝き、やや辛口のワインは食事の時にはピッタリです。

 

癖のない風味とスッキリとした後味が特徴的で、微かにフルーティーさも感じ、ゆっくりとワインを楽しむためにあるような、優雅で気品のあるワインです。冷やしてから飲んでも美味しいですが、常温でも、十分に味わうことが出来ます。

 

香り仕込みケルナー・Sparkling

フルーティーな香りと味わいを楽しみたい時には、2,640円の「香り仕込みケルナー・Sparkling」がピッタリではないでしょうか。完熟した醸造専用種であるケルナー種を100%使用し、果物本来の甘くほんのりと酸味を感じる味わいは、とても飲みやすくて食前酒としても最適です。

 

果実本来の風味を活かしたワインは、口当たりも柔らかく女性にも飲みやすい1品です。スパークリングワインの独特のシュワシュワ感が心地良く、パーティーのウェルカムドリンクとしても最適です。

 

はこだてわいん キャンベルアーリー しばれづくり 赤

 

果汁の甘味を存分に味わいたいという時には、2,970円で楽しむことが出来る「はこだてわいん キャンベルアーリー しばれづくり 赤」が最適です。完熟したキャンベルアーリーを冷凍濃縮によりギュッと果汁を凝縮した味は、果実の持つ甘味や苦味、そして酸味をあますことなく抽出しています。

 

蓋を開けた時に周囲に広がる香りは華やかで、上品な後味を残します。独自の製造方法である「しばれづくり製法」により完成した風味は、ワインを静かに楽しみたいという時にピッタリです。

 

北海道100ピノ・ノワール2018

 

時には優雅な気分を味わいたいという時には、3,850円で購入することが出来る「北海道100ピノ・ノワール2018」が合うのでなないでしょうか。

 

北海道で収穫されたピノ・ノワールを100%使用して、原料の栽培から製造まですべてにこだわり、舌の上に乗せた瞬間、その滑らかさと、甘さを堪能することが出来ます。日本人に好まれる味わいを完成させ、口の中に微かに残るタンニンがほどよいアクセントとなり、飽きることがありません。