theDANN media|お酒の総合メディア

theDANNは、「語らい、愉しい」をテーマに、お酒のメディア運営しています。吟醸、クラフトビール、ビオワインなどこだわりのあるお酒を中心に誰もがカンタンに楽しめる情報を発信しています。

menu

ピノノワールとは?味や香り、合う料理を徹底解説!

ピノノワールとは?味や香り、合う料理を徹底解説!|theDANN media

 

 

こんにちは、theDANN編集長のダンです。

 

 

それでは、はじまり〜はじまり〜

 

 

 

ピノノワールとは?

ピノノワールとは?|theDANN media

ピノノワールとは、同名の黒ブドウで造られたフランス原産の赤ワインです。起源に関しては諸説あり、その中でも有力なものとしてフランスのブルゴーニュに元々あった品種として古くから栽培・ワイン造りされていたと言われています。

 

土壌や気象条件の影響を受けやすい繊細な品種で造られているところが特徴で、繊細であることから製造が難しく希少性が高い赤ワインとなっています。

 

黒ブドウの果皮が薄くフェノール化合物の含有量が少ないことから色合いはほかの赤ワインと比較すると薄めで、チェリー、ラズベリーやイチゴなどの赤い果実のアロマを帯びる傾向があるようです。

 

ピノノワールの味わいや香り

ピノノワールの味わいや香り|theDANN media

ピノノワールはほかの赤ワインと比較すると、フェノール化合物の含有量が少なくタンニンが強くないという特徴を持っています。

 

このため味わいは赤ワインの中でも比較的軽口で、豊かで力強いブドウの果実の味を楽しむことができるところが魅力です。またタンニンの弱さからどちらかと言えば柔らかい口当たりとなっており、それでいて確かな酸味を有しています。

 

香りはラズベリーやイチゴなどのフレッシュな香りの中にスパイシーな森の下草やなめし革の香りをまとっていて、一言では表現できない複雑かつ芳醇な香りを堪能することが可能です。

 

ピノノワールの産地

ピノノワールの産地|theDANN media

ピノノワールの主な産地はフランスだとされていて、その中でも特にブルゴーニュ地方などの冷涼な地域で栽培されています。ブルゴーニュ地方では18世紀ごろから栽培されていたという文献が残っているほか、当時は栽培を諦めかけていたピノノワールを法律で保護したという経緯もあるようです。

 

このためブルゴーニュ地方での栽培が中心とされていますが、それ以外にもほぼ全世界で栽培されています。中でも有名なのはアメリカのオレゴンやロスカーネロス、ニュージーランドです。ほかにもイタリアやドイツでも栽培されており、地域によって名前が異なっています。

 

ピノノワールに合う料理

ピノノワールに合う料理|theDANN media

赤ワインの中でもタンニンが強くないピノノワールは癖がなく飲みやすいことから、様々な料理と相性がいいところが特徴です。例えばマグロやカツオなどの赤身の魚との相性が良いので、刺身にして組み合わせるとさっぱりと楽しむことができます。

 

実はピノノワールは意外と和食との相性がいいので、和食のお供にピノノワールを嗜んでいるという人も多いです。和食以外には牛肉の力強い味にも負けることがない上品さと凝縮された味が魅力とされていることから、ブルゴーニュの郷土料理である牛肉の赤ワイン煮込みと組み合わせるのが王道だとされています。

 

おすすめのピノノワール5選

ピノ ノワール ロゼ ビシクレタ レゼルバ

 

1000円以内で購入できる手軽さが魅力のこちらのピノノワールは、赤ワインではなく白ワインのロゼとして販売されています。

 

柔らかな麦わら色のピノノワールはアプリコットや白桃、クチナシの果実の香りの中にナッツの複雑な香りが混ざり、ボリューム感と酸味がありつつもまろやかな口当たりが特徴です。

 

マイルドな味わいの中に確かなピノノワールらしさを感じることができる一品なので、白ワインでピノノワールを試したい人に人気を集めています。

 

ピノ ノワール マルキ ド ボーラン

 

フランスのラングドック産として1000円以下で購入できる、リーズナブルなピノノワールです。

 

ベリーの中に少しチェリーが混ざったような濃厚な赤い果実香は、ワインの味の中にも甘味と酸味として感じることができます。

バランスの良い味わいと香りは少しエレガントな気分を楽しめるようになっており、それをリーズナブルな価格で提供しているところがポイントです。

 

コノスル ピノノワール 20バレル

 

チリの有名なワインの産地として知られるコノスルで製造されたピノノワールで、日本でもおすすめのワインとして紹介された経歴を持っています。

 

3000円以内で購入できるピノノワールの中でも特に人気が高く、ほかのピノノワールと比較するとタンニンを強く感じることができる点が特徴です。

 

そのためより赤ワインらしい複雑な味わいを楽しめるのはもちろん、酸味との絶妙なバランスや果実の凝縮された濃厚な味も堪能することができます。

 

カレラ ピノノワール セントラル コースト2016

 

アメリカのカレラで製造されたこちらの商品は、5000円以内で購入できるピノノワールの愛飲者が高く評価しているワインです。

 

厳選した黒ブドウで造られたピノノワールは通常のピノノワールによくみられる特徴のほかに、ほのかにスイカの砂糖漬けのような甘い香りが感じられます。

 

味わいもスパイシーかつ甘い風味が口の中に柔らかく広がり、生き生きとした後味が魅力的な辛口赤ワインとして愛飲者に好まれているようです。

 

ポール ラトー ピノ ノワール ランスロット ピゾーニ ヴィンヤード

 

2万円程度で購入できることから自分用にも贈り物にもおすすめだと言われているのが、こちらのピノノワールです。

 

アメリカのカリフォルニアで造られたこのピノノワールは、通常のものよりもエレガントな風味と樽由来のフレッシュなバニラビーンズの香りが特徴とされています。

 

スパイシーな味わいよりも柔らかく甘みのある滑らかさは、少量しか生産されないという希少性の高さも相まって人気を集める要素となっています。

 

まとめ

ピノノワールについて勉強してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

ぜひ実際に飲んでみて、もう一度この記事を読んでみてくださいね。

 

それではまた次回!

 

おすすめ記事