theDANN media|お酒の総合メディア

theDANNは、「語らい、愉しい」をテーマに、お酒のメディア運営しています。吟醸、クラフトビール、ビオワインなどこだわりのあるお酒を中心に誰もがカンタンに楽しめる情報を発信しています。

menu

プリミティーヴォワインを徹底解説!おすすめ5選と味わいや合う料理

プリミティーヴォワインをご紹介!味わいや産地を徹底解説!|theDANN media

 

 

こんにちは、ワインをメインにお酒の情報や、ワインソムリエが語る本物の知識が身につくメディア theDANN media 編集長のダンです。

 

今回は、プリミティーヴォワインについて徹底解説します。
イタリア南部で栽培されるブドウ品種であるプリミティーヴォ。お手頃な価格や飲みやすさから人気の赤ワインですが、歴史や特徴、合う料理、おすすめのプリミティーヴォについてまとめました。 
 
ジルファンデルという類似のワインとの違いも興味深い内容になっています!

 

それでは、はじまり〜はじまり〜

 

 

プリミティーヴォとは

プリミティーヴォとは|theDANN media

 

プリミティーヴォとは、赤ワイン用に栽培されているぶどうの品種です。イタリア南部のプーリア州を中心に栽培されています。プリミティーヴォは、イタリア語で「最初の」や「一番目の」を意味した言葉であり、他の品種よりもプリミティーヴォが早く熟すことから名付けられました。

 

コスパ最高!安旨ワイン!

 

プリミティーヴォの魅力は、コストパフォーマンスがよいという点でしょう。ワインショップやオンラインで販売されているものの多くが1000円前後とお手頃な価格です。


一方で、力強い味わいの中に果実感や甘口の飲みやすさが特徴。安定した品質のよさと料理との相性の幅も広く、ワイン好きの方はお家にストックしておきたい1本でしょう。

 

プリミティーヴォの主な産地であるマンドゥリアは、1974年にD.O.C.に認定され、プリミティーヴォ・ディ・マンドゥリア・ドルチェ・ナトゥラーレは、2011年にD.O.C.G.に認定されています。
格付けにおいての高い評価を得ているとともに、世界中の家庭やレストランでも人気のワインの一つだといえるでしょう。

 

プミリティーヴォの起源はクロアチア

 

元々クロアチアで栽培されていた「ツーリエンナーク・カーステラーンスキー」という珍しいぶどうの品種が、海を越えてイタリアにもたらされ、「プリミティーヴォ」と呼ばれるようになったとされています。
 
「プリミティーヴォ」という名前は、早いもので8月末に収穫が始まる品種だったため、イタリア語で早いを意味する「プリモ」が語源になっています。


また、別のルートでアメリカにもたらされたものを「ジンファンデル」と呼びます。ジンファンデルとの違いは後述します。
 

樽で熟成を重ねる製法

 

プリミティーヴォは9月上旬から下旬に収穫され、さまざまな熟成を経て、仕上がっていきます。
まずは、温度をコントロールしたステンレスタンクで発酵させ、オーク樽(木樽)で熟成させます。その後、瓶詰めを行い、瓶内でさらに熟成をさせることでブドウのポテンシャルを最大に引き出すことができるのです。
 
オーク樽(木樽)での熟成が一般的ですが、最近のトレンドとして、ステンレスタンクのみで熟成させることでオーク樽の香り付けを控えるものもあります。

オーク樽の香りを控え、タンニンの力強さも少なくなるので、土壌やブドウ本来の味が際立つのです。
新たなワイン造りに挑戦するワイナリーも出てきてるので、さまざまなワインを楽しんでくださいね。

 

プリミティーヴォとジンファンデルの違い

プリミティーヴォとジンファンデルとの違い

 

ジンファンデルはアメリカ合衆国のカリフォルニア州のブドウ品種です。

しかし、1990年代にプリミティーヴォと同様の「ツーリエンナーク・カーステラーンスキー」という品種のクローンであることが判明しました。

 

イタリア南部のプーリア州に根付いたプリミティーヴォがハンガリー経由でアメリカに伝えられ、「ジルファンデル」と名付けられたとされています。また、オーストラリアにも伝播して、人気のブドウ品種となっています。

 

プリミティーヴォとジンファンデルは元は同じブドウですが、違いがあります。
プリミティーヴォはジンファンデルより早期に熟すので、高アルコールが特徴の甘口ワインの中でも少し低アルコールになります。

 

また、ジンファンデルは不均一に熟す傾向にあるため、全ての実が熟すまで時間をかけて収穫されることが多いです。そのため、酸とタンニンが控えめ赤ワインになります。プリミティーヴォの方が、果実味やフルーティな香りを強く感じるでしょう。

ジンファンデルについてはこちらの記事で解説しています。

非常にタフなボディを持った赤ワインですが、地域によって香りや味わいに大きな差のでる面白いワインです。ぜひ、参考にしてみてください。
関連記事:ジンファンデルとは?特徴やおすすめのワインを徹底解説! - theDANN media

 

プリミティーヴォの味わいや香り

プリミティーヴォの味わいや香り|theDANN media

 

プリミティーヴォの香りは、レッドチェリーなどの赤系果実からブルーベリーやブラックベリーの黒系果実までさまざまな香りが隠れています。果実の熟成具合によって、ドライフルーツ、栽培された土壌によってはコショウや甘草(リコリス)の香りを呈するワインもあります。


プリミティーヴォの味わいは、濃厚でパワフル、豊かな果実味が感じられます。若いワインの中にはタンニンが強く出るものもありますが、オーク樽(木樽)で熟成させることで美しいルビーの色調が安定し、まろやかな味わいになります。

プリミティーヴォのブドウの特徴は、一粒一粒が不均一に熟成し、熟すタイミングも早い点です。収穫時期が2~3日遅れただけでも果実が萎み急激に酸味や新鮮な香りが失われてしまいます。果皮の色は濃く、一方で湿度やカビの影響を受けやすく、デリケートです。

 

不均一に熟成するということは、同じ房でも一部の果実は収穫時にはすでに熟しきって干しブドウ状態となっているため、糖度が高いブドウが採れます。アルコールはブドウ内の糖分を分解して作り出されるため、アルコール度数が高いワインに仕上がることも珍しくありません。

 

通常、プリミティーヴォで造られるワインのアルコール度数は14度前後ですが、16度~17度、時には18度のワインもあるでしょう。しかし、初心者にも飲みやすい味わいのため世界中で人気を博しているワインです。

 

プリミティーヴォの産地

プリミティーヴォの産地|theDANN media

 

プリミティーヴォは、イタリアを長靴に見立てたときに、長靴のかかと部分にあたるプーリア州で主に栽培されています。プーリア州は、山岳地帯がほとんどない緩やかな地形で、アドリア海とイオニア海の2つの地中海に面しています。
 
温暖な地中海性気候に恵まれ、ぶどうの栽培に最適です。プーリア州全域でワインが造られ、その生産量はイタリアでトップクラスを誇っています。ワインだけでなく、食用のぶどう産地としても有名です。
 
雨が少なく日照条件も良いうえ、ぶどうの熟成に欠かせない風も吹いています。ここで栽培されるぶどうは、濃い色合いと深みのある味わい、しっかりとした酸味が特徴になります。

 

プリミティーヴォの栽培で有名なのがジョイア・デル・コッレという丘の多い石灰質土壌のエリアで、昼と夜の寒暖差が大きい特徴があります。この寒暖差がブドウの酸を保持する役目を果たし、エレガントで香り高いワインが出来ます。

 

また、マンドゥリアというエリアも有名な産地です。マンドゥリアはイオニア海に続く平坦な土地で、石灰質と粘土質の赤土の土壌です。こちらはよりスムースで甘く果実味溢れるワインがプリミティーヴォから造られます。

 

プリミティーヴォに合う料理

プリミティーヴォに合う料理|theDANN media

 

チェリーを感じるフルーティーな香りと、滑らかな舌触りのプリミティーヴォは、牛肉のグリルやラム料理などの肉料理全般、また味付けの濃い中華料理などによく合います。また、プリミティーヴォが栽培されるプーリア州は、オリーブとトマトの産地でもあります。

 

そのため、濃い味のトマトソースのピザやパスタとの相性は抜群です。熟成チーズと合わせるのもおすすめです。ランチやディナーにはもちろん、大人数での賑やかなパーティーなどにも適しています。新鮮な果実味を感じられ、癖の少ない味わいなので、女性でも飲みやすいワインといえるでしょう。

 

美味しいワインには美味しい料理を合わせたいものですよね。ソムリエがワインと料理のペアリングのコツを解説した記事はこちら。プリミティーヴォにぴったりな料理をみつけて、楽しいひとときをお過ごしください。

関連記事:【ソムリエが解説】ワインのペアリングとは?料理と合わせるコツを紹介

 

おすすめプリミティーヴォ5選

プリマテッラ プリミティーヴォ

 

「プリマテッラ プリミティーヴォ(赤 ミディアムボディ 750ml)」は、地域の優秀なぶどう栽培者を発掘するプロジェクト、プリマテッラのワインです。プラムやチェリーを思わせる、新鮮で果実味たっぷりの豊かな味わいと、口の中に長く残る余韻を楽しめます。ハンバーガーやバーベキューなどともよく合います。

女子会やホームパーティーにも映える可愛いラベルのボトルです。

参考価格1,400円(税込)

 

 

ポッジョ・レ・ヴォルピ プリミティーヴォ ディ マンドゥーリア

 

「ポッジョ・レ・ヴォルピ プリミティーヴォ ディ マンドゥーリア(赤 ミディアムボディ 750ml)」は、プーリア州産の辛口のワインです。美しいルビー色と滑らかなタンニン、ベリー系のフルーティーな香りと濃厚な味わいが特徴です。ステンレスタンクで18か月熟成し、プリミティーヴォの力強さをしっかりと表現した、上質なワインに仕上がっています。

華やかなボトルも人気です。

参考価格1,820円(税込)

 

リフージョ プリミティーヴォ コンティ ゼッカ

 

「コンティ・ゼッカ リフージョ プリミティーヴォ コンティ ゼッカ(赤 フルボディ 750ml)」は、プーリア州に古くから公爵家として門を構える「ゼッカ・ファミリー」によるワインです。熟したプラムとイチゴのジャム、黒コショウのスパイスの香りが特徴です。力強さの中に上品さを感じる味わいと、絶妙なアクセントになっている、少しのビター感が楽しめます。

 

歴史と由緒あるワイナリーの上質な重口のワインです。参考価格2,398円(税込)

 

モカヴェロ サレント プリミティーヴォ

 

「モカヴェロ サレント プリミティーヴォ(赤 フルボディ 750ml)」は、プーリア州で100年以上ぶどうを栽培している職人一家、「モカヴェロ家」が造るワインです。ショコラやカカオを思わせる甘い香りが特徴で、誰にでも美味しく飲めるスイーツのような仕上がりになっています。

渋みや酸味が少なく飲みやすいので、女性にも喜ばれるでしょう。スイーツとの組み合わせや食事の後にゆっくりと楽しむのがおすすめです。

参考価格2,585円(税込)

 

サン・マルツァーノ アニヴェルサーリオ セッサンタドゥエ リゼルヴァ

 

「サン・マルツァーノ アニヴェルサーリオ セッサンタドゥエ リゼルヴァ(赤 フルボディ 750ml)」は、イタリアのワイン専門誌に大絶賛された、プーリア州産のワインです。

香りは複雑で、煮詰めたプルーンとブラックチェリーなどのアロマ、スパイスやバニラにタバコのブーケが加わります。樹齢60年以上のぶどうを使用し、リッチで重厚な味わいです。カカオやコーヒー、バニラの余韻が長く続きます。

参考価格8,470円(税込)

 

プリミティーヴォのワインを楽しもう!

プリミティーヴォのまとめ

 

お目当てのワインは見つかりましたか?ワインにペアリングする料理が決まってない方はこちらの記事も参考にしてみてください。

ソムリエがうなるほどのワインに合う料理をご紹介しています。

 

contents.thedann.com

 

theDANN mediaでは、世界中のワインと料理を掛け合わせた新しいワインのストーリー「the new(ザ・ニュー)」をご提供しております。

 

 

ワインソムリエ様が厳選した赤・白・泡のプレミアムなワインと、ワインにぴったりなお料理のレシピ本をセットにしてお届けします。

レシピ本は、ワインソムリエ様とフードコーディネーター様が考案したフルコース。

ワインとのペアリングによって、素晴らしいマリアージュが堪能できます。

 

いつものディナーが、まるで旅行先でふと入ったレストランにいるような楽しいひとときになるでしょう。

パートナーの方やご友人とのホームパーティでも、本格的なワインペアリングのフルコースでおもてなしができます。

 

ぜひ、the newによる新しいワインのストーリーをお楽しみください。