theDANN media|お酒の総合メディア

theDANNは、「語らい、愉しい」をテーマに、お酒のメディア運営しています。吟醸、クラフトビール、ビオワインなどこだわりのあるお酒を中心に誰もがカンタンに楽しめる情報を発信しています。

menu

イタリアワインとは?特徴や格付けについて徹底解説!

イタリアワインとは?特徴や歴史について徹底解説!|theDANN media

 

こんにちは、theDANN編集長のダンです。

 

みなさんはイタリアのワインといえばどんなワインをイメージしますか?イタリアンでカジュアルに飲むのを想像しましたか?

 

実はイタリアワインは歴史も古く、奥深いワインの一つなんですよ。そこで、今回はイタリアワインにもっと詳しくなれるように、徹底解説にしました。

 

それでは、はじまり〜はじまり〜

 

 

 

イタリアワインとは?

イタリアワインとは?|theDANN media

 

イタリアは南北に細長い長靴の形をした国土であり、温暖で日照時間も長いことからブドウ栽培に適しています。そのため、イタリアの20州全てでワイン作りが行われており、多種多様なワインが楽しめるのが特徴です。

 

イタリアの土着品種のブドウは500種を超え、その豊富さもワインの味に大きな影響を与えています。

 

また、イタリアワインは大きく3つのランクに分類されており、最も高いランクのものがD.O.P.、2番目に高いのがI.G.P.、最も低いものがVinoとなります。最高ランクのD.O.P.は、ブドウの収量やワインの収量、アルコール度に厳しい制約があり、その基準を満たしたワインのみが表示を許されています。

 

イタリアワインの味わいや香り

イタリアワインの味わいや香り|theDANN media

 

イタリアワインの種類は豊富であるため、それぞれ味わいや風味が異なりますが、全般的にフルーティーな香りと程よい酸味が特徴となります。フルーティーな香りのほかにも、アーモンドやチョコレート、バニラなど個性的な香りを堪能できるものもあり、飲むシーンや気分に合わせて選べるのも魅力です。

 

酸味をまろやかにする甘みもあり、フレッシュかつ芳醇な味を実現しています。タンニンの苦みを感じられるものもあり、スムーズな味わいの中にもスパイスの効いた、メリハリのある味が楽しめるのが特徴です。また、赤ワインは全体的に飲み心地は軽めです。

 

イタリアワインの有名な産地

イタリアワインの有名な産地|theDANN media

 

イタリアは全国でワイン作りがおこなわれており、それぞれの州が素晴らしいワインを産出しています。その中でも特に有名な産地は、ワインの王様として知られるバローロを産出するピエモンテ州です。ピエモンテ州はイタリア北部に位置し、アルプス山麓にあるため夏は涼しいものの冬は厳しい寒さに見舞われる過酷な環境です。

 

地区によって土壌は異なりますが、一般的には石灰と粘土質が多く、ミネラルやタンニンが豊富に含まれたワインが産出されます。また、ロエロ地区は砂と石灰の土壌となり、同じピエモンテ州にありながら、よりまろやかなワインが作られています。

 

イタリアワインに合う料理

イタリアワインに合う料理|theDANN media

 

イタリアワインと相性の良い料理といえば、文句なしにイタリア料理です。イタリア料理といえばオリーブオイルですが、イタリアワインはオリーブオイルとの相性が良いのが特徴です。

 

オリーブオイルを使ってカルパッチョやサラダを作り、アペタイザーにするのもよいでしょう。また、イタリアワインはそれぞれの地域の土着品種のブドウが使用されていることも多く、産出地域の料理との相性が良好となります。

 

イタリア北部のワインならチーズやバターを使った料理やジビエ料理、イタリア南部のワインならトマトソース系のピザやパスタ、肉料理などがおすすめです。

 

おすすめのイタリアワイン5選

タヴェルネッロ ランブルスコ ロッソ

 

タヴェルネッロ ランブルスコ ロッソ 750ml735円 イタリアのエミリア・ロマーニャ州で作られる微発泡ワインで、フルーティーですっきりした味わいが特徴です。イタリアでもっとも飲まれているテーブルワインの1つで、パスタやサラダなどとの相性も抜群です。また、食事と一緒に飲むだけでなく、食前酒としても楽しめるワインです。美しいワインレッドのカラーでグラスに入れた時の彩も美しく、食卓を華やかに彩ってくれるでしょう。

 

パスクァ ランブルスコ デッレミリア

パスクァ ランブルスコ デッレミリア 750ml992円 1925年に創業されたプライベートカンパニーのパスクァによる微発泡赤ワインで、爽やかな甘みと繊細な泡で高い評価を得ています。手摘み収穫と最新技術によって確かな品質のワインを作り出しており、特に食前酒やデザートのお供のワインとして人気です。相性の良い料理はチョコレートケーキで、甘さの中に溶け込んだタンニンの渋みが、チョコレートの味を引き立ててくれるでしょう。

 

イス・テッラサ カンノナウ・ディ・サルデーニャ D.O.C.

 

イス・テッラサ カンノナウ・ディ・サルデーニャ D.O.C. 750ml2,534円 サルデーニャ島の石灰土壌で育ったブドウを、手摘み収穫して作られたワインです。

 

栓を開けるとラズベリーやローズティーのフルーティーな香りが漂い、微かに白胡椒のスパイシーな香りも含まれます。香りのイメージ通り甘みもあり、舌触りも柔らかく単体でも楽しめるワインです。アルコール度は14.5%と少し高めで、軽い飲み心地ではなくしっかりとアルコールを楽しみたい人も満足できる味わいでしょう。

 

リコッサ バローロ

 

リコッサ バローロ 750ml 4,040円 イタリアで受賞歴の多いワイナーリー、リコッサによるバローロです。

 

オーク樽で3年以上ゆっくり熟成された、円熟した風味や味が特徴となります。ラズベリーやカシスなどの赤い果実とともに、スミレやバラのフローラルなアロマが香ります。ネッビオーロという珍しい品種のブドウが原料とされ、深みのある辛口の味わいです。フルボディですが重すぎず、飲みやすい赤ワインです。

 

モンテペローゾ ナルド I.G.T. トスカーナ

 

モンテペローゾ ナルド I.G.T. トスカーナ 750ml 11,000円 トスカーナの土着品種のブドウのみを使って作られた赤ワインで、徹底した有機農法と手摘み収穫など細かいところまでこだわり抜いて製造されています。

 

土着の品種をブレンドした複雑な風味で、プルーンやイチジクのフルーティーな香りと融合して優雅な味わいとなっています。また、ブドウの美味しさが凝縮され、芳醇な味を楽しめるのが特徴です。飲みごたえのあるフルボディで、トマトソース仕上げの料理との相性が抜群です。

 

まとめ

 

今回は、「イタリアワインとは?特徴や格付けについて徹底解説!」というテーマで書きましたがいかがでしたでしょうか。

 

ぜひイタリアワインを飲みながら、もう一度この記事を読んでくださいね。

 

最後にtheDANN mediaはワインに関する記事をたくさん書いているので、他の記事もぜひ読んでみてくださいね。

 

contents.thedann.com

 

おすすめ記事