theDANN media|お酒の総合メディア

theDANNは、「語らい、愉しい」をテーマに、お酒のメディア運営しています。吟醸、クラフトビール、ビオワインなどこだわりのあるお酒を中心に誰もがカンタンに楽しめる情報を発信しています。

menu

サングリアの作り方、美味しい飲み方をご紹介!

サングリアの作り方、美味しい飲み方をご紹介!|theDANN media

 

 

こんにちは、theDANN編集長のダンです。

 

サングリアについて徹底解説しました。簡単な作り方や合う料理などを書きましたので、ぜひ読んでくださいね。 

 

それでは、はじまり〜はじまり〜

 

 

 

サングリアとは?

サングリアとは?|theDANN media

 

サングリアはスペインやポルトガルでよく飲まれている、混成酒の一つであるアロマタイズド(香味付け)ワインの一種です。アロマタイズド・ワインとしてはヴェルモットやグリューワインの他、キールのようなカクテルもその一部として扱われますから、それらの仲間と言っても良いでしょう。

 

サングリアは本来赤ワインで作るものですが、白ワインベースで作ったものがサングリア白です。サングリアという言葉はスペイン語で血を意味するサングレから来ていて、スペインではサングリア・ブランカ(スペイン語で白)と呼んでいます。

 

サングリアの作り方

サングリアの作り方|theDANN media

 

サングリアはワインに切ったりスライスしたりした果物を入れて、砂糖や蜂蜜、ジュースなどで甘みをつけ、スパイスで風味づけしてから一晩寝かせて作るものです。サングリア白の場合、ソーヴィニヨン・ブランで造った白ワインがよく用いられています。

 

スパイスの代わりにブランデーで風味をつけることもあるようです。しかし、日本でこの製法を家庭で行うと酒税法違反になってしまいます。こうした漬け込み時間を伴う混成酒のベースになる酒はアルコール度数20%以上でないと違反になるのです。

 

ワインは一般的に15%以下のことが多いので、そのままの作り方をしてはいけません。ここでは日本流のかんたんレシピを紹介しましょう。

 

りんごやパイナップル、キウイ、レモンやライム、白桃などから好みのものを選んでスライスし、グラスに入れます。ワイン750mLあたり大さじ1~3杯の上白糖またはグラニュー糖を上からかけてフルーツになじませます。

 

上白糖を選ぶとコクのある味になり、グラニュー糖を選ぶとクセがなく酒の味に影響が出にくい甘さになるでしょう。そして、飲む直前に白ワインとブランデー少々やコアントロー少々などをかけて混ぜ、グラスに注いでミントの葉を添えれば完成です。飲む直前に合わせれば、再発酵の恐れがないので酒税法に抵触しないとされています。

 

サングリアに合う料理

サングリアに合う料理|theDANN media

 

サングリア白は白ワインベースの甘口混成ワインですから、魚を甘く調理できる和食によく合います。うなぎの蒲焼も美味しいですし、白身魚のかぶら蒸しにもよく合うでしょう。

 

また、甘い料理ではありませんが、魚介類をたっぷり使ったパエリアにはとても相性が良いです。さらに塩分の多いものでもサングリアに合うものはあります。ハモン・セラーノに代表される生ハムはサングリアに合いますし、スペインのサン・シモン・ダ・コスタのようなスモークチーズもおすすめです。

 

おすすめサングリア6選

フェリックス・ソリス・ヴィニャ・アルバリ ベルデホ ソーヴィニヨン・ブラン 2018

 

スペイン中部、カスティーリャ=ラ・マンチャ州バルデペーニャスの白ワインです。特徴的なフローラルやフルーツの香りが広がるこのワインはメロン、ピーチや柑橘系の味わいに加えてハーブの風味も楽しめるワインとなっています。

 

辛口ワインですので、サングリアにする際は好みで甘みを強めにつけて下さい。実勢価格は税込550円くらいです。

 

ソーヴィニヨン・ブラン・フアン・ラモン・ブランコ・セッコ

 

コクがあり、力強さを感じさせるスペインの白ワインです。果実味が豊かで、やや辛口の味わいは、サングリアのベースにするのに相性が良いでしょう。

 

このワインで作るサングリアには砂糖などの甘みはあまり入れず、ドライフルーツなどと合わせながら飲むと、一味違う雰囲気が楽しめるでしょう。実勢価格は税込580円くらいです。

 

ボデガス・アバニコ・シンフォニア・ソーヴィニヨン・ブラン

 

スペインのカスティーリャ=ラ・マンチャ州の白ワインです。ソーヴィニヨン・ブラン100%を原料にしたこのワインは辛口で、酸味も活き活きと感じられる味わいとなっています。

 

香りは柑橘系、ライムやレモンなどを思わせるものが強く広がるワインです。実勢価格は税込700円くらいとなっています。

 

ラ・フラウタ・デ・バルトロ・ブランコ

 

スペインのムルシア州フミーリャの白ワインです。原料としてソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネの他、マカベオやマルヴァジアを用いています。緑がかった黄色で、フローラルやグレープフルーツの香りにバニラや青い草のニュアンスを持った香り、心地よい酸味と後を引く余韻が魅力のワインです。

 

このワインは米料理にもよく合いますので、サングリアを作って魚介類のパエリアと合わせても美味しいでしょう。実勢価格は税込1,000円程度です。

 

ソラール・ドス・ロボス・ヴィーニョ・リージョナル・アレンテージョ・ブランコ

 

ポルトガル中南部のアレンテージョ地方産の白ワインです。使われているぶどうはソーヴィニヨン・ブランの他、シャルドネ 、アンタンヴァス、アリントとなっています。

 

熟した果実味の強さを酸がキリッと引き締めている絶妙のバランスが魅力です。実勢価格は税込で1,300円くらいとなっています。

 

カザベル・ブランコ 2017

 

ポルトガル・リスボン地方の白ワインです。原料になったぶどうはヴィタルとフェルナン・ピレスが中心で、ソーヴィニヨン・ブランは脇役に回っています。白い花の香りに白桃やマスカットの甘い香りが加わって新鮮な果実香が一杯に広がります。

 

味わいは酸味を中心にミネラル感もある物となっていて、余韻も長く続きます。実勢価格は税込1,400円くらいです。