theDANN media|お酒の総合メディア

theDANNは、「語らい、愉しい」をテーマに、お酒のメディア運営しています。吟醸、クラフトビール、ビオワインなどこだわりのあるお酒を中心に誰もがカンタンに楽しめる情報を発信しています。

menu

サロンのシャンパンを徹底解説!おすすめヴィンテージもご紹介!

サロンのシャンパンを徹底解説!おすすめヴィンテージもご紹介!|theDANN media

 

 

こんにちは、theDANN編集長のダンです。

 

今回は幻のシャンパンと呼ばれる「サロン」のシャンパンについて徹底解説しました。歴史や味わい、合う料理などを書きましたので、ぜひじっくり読んでくださいね。 

 

それでは、はじまり〜はじまり〜

 

 

 

サロンとは?

サロンとは?|theDANN media

 

サロンは、超高級シャンパンの代表格といえるブランドです。ブドウが良く出来た年にしか醸造されないため、幻のシャンパンと称されることもあります。

 

通常は複数の収穫年や品種をブレンドして造られるシャンパンですが、サロンは単一ヴィンテージかつシャルドネのみで造られています。だからこそ、ブドウが不作の年には造られないシャンパンなのです。

 

年間の平均生産本数は、80,000本。6~7年生産されない年もあり、次にいつ出るか常にミステリアスです。きれいな酸を守るためマロラクティック発酵しない、瓶内で10年熟成するなども、シャンパンの頂点の座に立ち続けるこだわりです。

 

サロンの味わいや香り

サロンの味わいや香り|theDANN media

 

サロンが使用するブドウは、メニル・シュール・オジェ村のシャルドネのみです。このブドウは、シャンパーニュ地方の特級であるグラン・クリュに指定されています。仕上がったシャンパーニュはエレガントでみずみずしく、なおかつエネルギッシュなパワーを感じさせる香りです。

 

スッキリと弾けるような酸味とまろやかなコクが相まって、奥の深い味わいを楽しめるのもサロンの魅力。甘美な飲み物でありながら、体のすみずみにまで染み渡るようなミネラルの豊かさが極上の飲み心地を堪能させてくれます。

瓶内での10年熟成後、澱抜きをしてからも発酵が続き、新たな香りを楽しめます。

 

サロンシャンパンのシャルドネの産地

サロンシャンパンのシャルドネの産地|theDANN media

 

メニル・シュール・オジェ村は、シャルドネの聖地と称されるコート・デ・ブランに位置しています。白の丘を意味するコート・デ・ブランの中でも、南寄りにあるのがオジェ村です。

 

他の村のブドウも高級で上質なシャンパーニュに使われており、みずみずしく酸味の強いブドウが出来るのがコート・デ・ブランの特色。大陸性気候で年間平均気温が低めの冷涼さと白亜石灰質の土壌が、シャンパーニュに最適なシャルドネを成熟させます。

 

サロンのミネラル感は、非常に密度の高い石灰質の土壌から造られているのです。わずか15ヘクタールのブドウ畑が、サロンの醸造に影響しています。

 

サロンに合う料理

サロンに合う料理|theDANN media

 

大手日系航空会社のファーストクラスやフランスの老舗レストランで提供されているように、サロンに適しているのは優雅で上質な料理です。素材をいじり過ぎず、シンプルに仕上げた料理なら、サロンの風味と料理の味がお互いに引き立て合います。

 

例えば、新鮮な魚介類をサッとバターで炒めただけのソテーなどはおすすめです。サロンは熟成期間が長いため、生のままの食材より火を通した料理がマッチします。

 

シャンパーニュ地方でよく食べられている、牡蠣のバター焼きなどもサロンによく合う料理です。海の幸ばかりのおすすめになりましたが、ミネラル豊富なシャンパンは魚介類にピッタリです。

 

サロン5選

サロン2006年

 

サロンは、希少性も手伝って超高級シャンパーニュの名に恥じない値が付けられています。安くても10万円を少し下回るくらいで、価格の上下はヴィンテージに左右されます。80,000円台から買えるサロンとしては、2006年が目立っています。

 

凝縮された果実感とミネラルの風味が広がり、しっかりめのボディの中にはホワイトフラワー、アプリコット、ヘーゼルナッツの香りなども混ざっています。

 

サロン2002年

 

サロンの通常熟成期間は10年ですが、サロン2002は11年の瓶内熟成を経て市場に出荷されています。フレッシュなフレーバーもありながら、芯がしっかりしたミネラルと酸味を感じられるのが特徴です。

 

シトラスフルーツのジャムやハチミツをイメージさせる甘く爽やかな風味に加え、ヘーゼルナッツ風味も感じられるシャンパーニュです。90,000円台からと、サロンの中では比較的手頃な価格で購入できます。

 

サロン1990年

 

偉大なヴィンテージと語り継がれているサロンが、1990年です。市場に出ればすぐに売れてしまい、入手困難ともいわれています。ヨーロッパ全土で好天に恵まれた1990年は、傑出したサロンを生みました。

 

20万円弱くらいから買えますが、価格を問わず見つけたら即決での購入をおすすめされるほど希少なサロンです。このヴィンテージを飲んでしまうと、他のサロンでは満足しきれなくなるかもしれません。

 

サロン2004年

 

サロン2004も、1990年と甲乙つけ難いほど優れたヴィンテージです。ブドウの収穫量が多かった年で、収穫量が多い年のシャンパーニュは高品質になる傾向があります。

 

酸味は少なめな代わりにミネラル感と塩味をしっかり感じる風味には、ミントやショウガなどの香りも感じられます。まるみの中にもパンチがあり、さらに熟成させて楽しむのもおすすめです。10万円を少し超えるくらいの価格で購入できます。

 

サロン1999年

 

20世紀最後と期待された1999年のヴィンテージは、膨大な収穫量から選別したブドウによって造られています。春には気温が高かったにもかかわらず、夏には降雨と寒さが訪れるという厳しい季節を潜り抜けてきただけに、サロン1999はたくましさを感じる風味に仕上がっています。エネルギッシュで深みのある複雑な味わいは、10万円を少し切るくらいからの価格です。さらに熟成させて、個性的な味を引き出すのもよいでしょう。