theDANN media|お酒の総合メディア

theDANNは、「語らい、愉しい」をテーマに、お酒のメディア運営しています。吟醸、クラフトビール、ビオワインなどこだわりのあるお酒を中心に誰もがカンタンに楽しめる情報を発信しています。

menu

カベルネとは?ワインの王様の歴史や味わいを徹底解説!

カベルネとは?ワインの王様の歴史や味わいを徹底解説!|theDANN media


こんにちは、theDANN編集長のダンです。

 

今回は「ワインの王様」と呼ばれるカベルネについて徹底解説しました。歴史や味わい、おすすめワインなどを書きましたので、ぜひじっくり読んでくださいね。 

 

それでは、はじまり〜はじまり〜

 

 

 

カベルネとは?

カベルネとは?ワインの王様の歴史や味わいを徹底解説!|theDANN media

 

カベルネは赤ワインの定番ともされていて、世界で最も広く栽培されている代表的なブドウ品種です。カルベネという単語はワインやお酒に詳しくない人も一度は聞いたことがあるくらいに有名となっていて、ワインの王道ともされています。

 

カルベネという単語が有名ですが正確にはカルベネ・ソーヴィニヨンという品種で、カベルネ・フランとソーヴィニヨン・ブランの二つの自然交配から生まれたものを指します。ルビーのような深みのある濃い色の赤ワインが作られ、世界中で生産されているため地域によって様々な特徴があります。知名度とともに品質の高いワインとして親しまれています。

 

カベルネの味わいや香り

カベルネの味わいや香り|theDANN media

 

ワインの王様と言われるように、赤ワインの中でもしっかりとした渋さと酸味があり力強く重厚な味わいが特徴となっています。濃厚で飲みごたえのあるカベルネは、熟成させてヴィンテージ・ワインとして楽しむのが定番とされています。

 

またカベルネの香りは若いものではカシスやブルーベリーといった濃い果実香から、熟成するにしたがって複雑で豊かな香りとなります。コショウ・ミント・すみれ・杉といった様々な香り成分を持ち、産地を問わずしっかりとした個性を発揮します。ブレンドによってよりフレッシュな味わいと香りを引き立たせたものも人気となっています。

 

カベルネの産地

カベルネの産地|theDANN media

 

カベルネの産地はこれもまたワインの原産地として広く知られているフランスのボルドー地方が最も有名です。ボルドー地方ではカベルネと他の品種をブレンドすることで様々なワインが生産されています。カベルネの品種のままでも、ブレンドされる場合でも質の高いワインとなるポテンシャルの高さが活かされています。

 

またボルドー以外にも、イタリアのトスカーナ地方・アメリカのカリフォルニア州・チリのセントラルヴァレーといった世界中の産地で栽培されています。生産された地域ごとに様々な味わいが楽しめるところもカルベネの奥深い魅力となっています。

 

カベルネに合う料理

カベルネに合う料理|theDANN media

 

重厚な渋みのあるカルベネはお肉料理との組み合わせが人気となっています。中でも牛肉との相性は素晴らしく、カベルネを単品で楽しむよりもお互いを引き立たせた味わいをもたらしてくれます。

 

ステーキやハンバーグのような王道な組み合わせはもちろん、ビーフシチューなどに合わせてもコクのある風味が濃厚な料理にいっそうの深みを与えてくれます。また様々なバリエーションで楽しむことができるため、ディナータイムに限らず、軽いおつまみと共に味わうのも素敵な楽しみ方です。固定概念を外して和食と合わせてみても意外な発見があるかもしれません。

 

カベルネおすすめ5選

サンタ・ヘレナ・アルパカ(462円)

 

チリワインの名門として知られるサンタ・ヘレナ社が提供する「驚くほどの果実味とまろやかな味わいを実現したチリの実力派ワイン」です。ワインに詳しくない方も店先の看板などで見聞きしたことがあるかもしれません。

 

安ウマのワインとして名が知られていて、程よい酸味と適度な甘味が好評となっています。冷蔵庫で冷やしておいてビール感覚で気軽に飲めるのに申し分のない味わいです。晩酌のお供にもオススメのワインです。

 

プードゥ(483円)

 

ラベルにあるかわいいイメージの動物は南米チリに生息している世界最小の鹿「プードゥ」がモデルです。お手頃な価格が人気なのはもちろん飲みやすさが魅力となっています。

 

プードゥワインはチリを代表するワイナリー、コンチャ・イ・トロが誰でも手軽に楽しめるようにと作ったワイン。2種類のぶどうをブレンドすることで飲みやすい仕上がりになっているだけでなく、その味わいにも満足できる品質となっています。

 

カッシェロ・デル・ディアブロ(2,508円)

 

ディアブロという名前が示すように、かつて貯蔵してあったワインの盗難が絶えなかったのを防ぐために「この蔵には悪魔が棲んでいる」との噂を流すことによって美酒を守ったという「悪魔の蔵」の伝説で知られるワイン。カシス、チェリーなどの上品な香りと味わいで前菜などと相性抜群です。

 

カッシェロ・デル・ディアブロは各国の審査会で賞を受賞し、チリのブランド殿堂入りを果たしていて高品質でありながらお値打ちな価格から広く親しまれている人気のワインです。

 

ナパ・ハイランズ(4,884円)

 

明石家さんまさんが2017年に「ホンマでっかTV」で買ってよかったものベスト10の第3位にこのナパ・ハイランズを挙げています。その影響で当時はあっという間に売り切れとなってしまい一時は市場から姿を消してしまったというエピソードがあります。

 

オークヴィル地区とヨントヴィル地区のぶどうをブレンドして作られたワインで、ラベルには古き良き田舎の風景が描かれています。非常に評価の高いワインなので一度は試してみるのもオススメです。

 

ポールホブス(14,520円)

 

ポール・ホブスは「ワイン界のスティーヴ・ジョブズ」と評され、カリフォルニアのワイン造りに数々のイノベーションをもたらしました。

 

その彼が自身のワイナリーを立ち上げ、土地の個性を忠実に表現するワインを標榜して造り込んだものでアロマの幅広さが一瞬で分かるワインです。赤果実、カシス、グラファイト、タバコの葉、樽の香ばしさがグラスに広がり口に含むと凝縮された余韻が感じられます。