theDANN media|お酒の総合メディア

theDANNは、「語らい、愉しい」をテーマに、お酒のメディア運営しています。吟醸、クラフトビール、ビオワインなどこだわりのあるお酒を中心に誰もがカンタンに楽しめる情報を発信しています。

menu

長野県産のワインを解説!国産ワインならではの味わいをご紹介

長野県産のワインを解説!国産ワインならではの味わいをご紹介|theDANN media

 

 

こんにちは、theDANN編集長のダンです。

 

今回は長野県産のワインについて徹底解説しました。おすすめワインのご紹介、合う料理、美味しい飲み方などを書きましたので、ぜひじっくり読んでくださいね。 

 

それでは、はじまり〜はじまり〜

 

 

 

長野県産のワイン

長野県産のワイン|theDANN media

 

長野県では各地でぶどうの栽培が行われてきました。ワインの代表的な製造エリアは「バレー」と呼ばれ、県内外に広くその名を轟かせています。中でも日本アルプスワインバレーは、県内でぶどう栽培がスタートした場所として知られ、ナイアガラ、コンコード、デラウェア、巨峰を主軸に醸造されています。

 

また、近年では欧州系の品種も用いられており、多様なニーズに合った1本にこだわっていると高い評価を得てきました。製造方法はいたってシンプルです。ぶどうを収穫した後に徐梗破砕を経て、赤ワイン、白ワイン、ジュース製造の各工程へと進んでいきます。

 

しかし、本場であるフランス等からも認められている高い栽培方法、最新の衛生設備、風土にマッチした醸造技術を擁しています。アルプスワインには品種本来の持ち味である、澄み切った、深い色合いを損なわない品々が揃っています。

 

長野県ワインの味わいや香り

長野県ワインの味わいや香り|theDANN media

 

ぶどうの品種、その出来具合、使用される水、1年を通じて影響する気候、そして醸造技術等、アルプスワインの味や香りを左右する要素は数多くあります。特に、品種は大きな割合を占めています。

 

ナイアガラはコンコードとキャサディを掛け合わせて出来た品種で、これを使ったワインは爽快な香りとデザートワインのような甘さが特徴的です。コンコードのワインも似た性質を持ち、渋みのない甘さと飲みやすさが魅力です。

 

対してデラウェアを使ったワインは酸味が強く、よりフルーティーです。また、巨峰のワインは香りが上品で、やや甘口なものが多く親しまれてきました。

 

日本アルプスワインバレーについて

日本アルプスワインバレーについて|theDANN mediaアルプスワインが製造されている日本アルプスワインバレーは、長野県の中央部からやや北寄りの場所にあります。松本市、安曇野市、大町市、池田町等が含まれたエリアです。安曇野と言えば、アルプスを源流とした良質な水に恵まれていることで有名です。

 

本わさびの栽培が盛んな一帯であることから、水はけのいい土壌を備えていることも証明されてきました。盆地独特の寒暖差のある気候や、日照時間の長さも特徴的です。これらの条件が揃っていることから、甘くて高品質のぶどうが栽培されるため、卓抜した食味のアルプスワインが生まれるのです。

 

長野県産のワインに合う料理

長野県産のワインに合う料理|theDANN media

 

長野県は「海なし県」のひとつで、安曇野市では天然の湧き水を利用したニジマス等の養殖が盛んです。中でも県水産試験場が10年かけて開発した信州サーモンが人気を集めています。この魚を使ったカルパッチョはアルプスワインの白に良く合います。サーモン特有の香りと塩気を白ワインの酸味が引き立てますし、何よりも手軽にできる点が魅力的です。

 

また、赤ワインに合わせるなら馬肉を使った料理がおすすめです。松本市では、肉とは馬肉のことを指す、と言われていたほどで、市内各地に名店があります。馬刺しはもちろん、馬もつの煮込みは地元民がこよなく愛している逸品ですし、馬肉料理初心者でも気軽に試せます。

 

おすすめワイン5選

契約農場の有機ワイン赤720ml 987円(税込)

 

長野県内で醸造されているワインには欧州産のぶどうを使用したものも増えています。この商品では、契約先であるアメリカの農場で収穫された品種が採用されました。有機栽培100%が謳われた品であり、酸化防止剤は無添加のため安心して楽しめます。

 

ロールキャベツや鶏肉のワイン煮込み等の洋食に良く合いますが、うなぎのかば焼きとも相性がいいと評判です。やや甘口でフルーティーな味わいが女性ファンの心を掴んでいます。

 

信州コンコード赤中口720ml 986円(税込)

 

長野県内にあるアルプスワイン製造のトップ企業が、庶民派のワインとして世に送り出したブランドです。ラベルには「信州産100%」と表示され、愛嬌のある文字と柔らかい図柄も描かれています。

 

約400軒の栽培農家と契約し、良質なぶどう作りにこだわった成果が優しい赤色に現れています。何よりも特徴的なのは爽やかな香りで、いつまでも舌の上に残る上品なコクも人気を後押ししてきました。

 

ヴァン・ドゥ・ツーリズム赤ミディアムボディ750ml 1,210円(税込)

 

長野県内の老舗醸造所とスペインラマンチャ地方の名ワイナリーが技術協力したことで、独自の有機ぶどう栽培が可能となりました。その品種、テンプラニーリョ種を使用して製造された品で、甘辛度は「1」と辛口です。

 

最大の特徴がキメ細やかな香りと豊かで華やかさのある味わいで、深すぎず浅すぎずという絶妙な調和がワインフリークたちを楽しませています。

 

ミュゼドゥヴァン信州プレミアムナイアガラ白720ml 1,463円(税込)

 

松本平産の品種ナイアガラを100%使用したエメラルドグリーンのボトルが際立つ1本で、長野県原産地呼称管理制度(NAC)の認定を受けています。

 

NACは、2002年に長野県で創設され、高品質な農産物や加工品の提供と生産者情報の開示を目的としています。このワインには地域振興の期待が寄せられており、県が国内外に向けて発信している自信の特産品だと言えます。

 

シルバーロイヤル白720ml 2,475円(税込)

 

信州産の欧州品種を使用した、ドライタイプの白ワインです。信州や甲州、東北地方でもワインの醸造は行われていますが、国際的に評価されている品はまだ限定的です。その中でもシルバーロイヤルはIWSCで入賞するという快挙を成し遂げました。

 

これは、酒類のクオリティを競う国際的な品評会のひとつで、イギリスで開催されています。日本のワイナリーが世界に通用することを証明した逸品なのです。