theDANN media

theDANNは、「語らい、愉しい」をテーマに、お酒のメディア運営しています。吟醸、クラフトビール、ビオワインなどこだわりのあるお酒を中心に誰もがカンタンに楽しめる情報を発信しています。

menu

出羽燦々を徹底解説!本当はカンタン酒米講座

出羽燦々を徹底解説!本当はカンタン酒米講座|theDANN media

こんにちは、theDANN編集長のダンです。

 

日本酒好きな方は、出羽燦々(でわさんさん)と日本酒のボトルに記載されていて、どんな意味なのか気になったことがあるかもしれません。

 

出羽燦々は、日本酒造りに適した酒米で、酒造好適米(しゅぞうこうてきまい)とも呼ばれています。

 

今回は、酒造好適米・出羽燦々について勉強していきましょう。

 

 

出羽燦々誕生

 

1985年に山形県農業試験場庄内支場で「美山錦(みやまにしき)」と「華吹雪(はなふぶき)」をかけ合わせ開発されました。

 

その後1997年に『山形県が生んだ酒造好適米にふさわしく、印象の強い名前にしよう』と

 

出羽は、山形の昔の呼び方から、燦々(さんさん)は太陽が燦々と降り注ぐというように「光り輝く」意味と、1000m級の山が33個あることから「3(さん)3(さん)」を掛けて出羽燦々と命名されました。

 

出羽燦々の特徴 

 

美山錦から生まれているため、寒さに強いのが特徴です。美山錦よりも軟性で吸水性がよいため、麹菌が住みやすく、醪(もろみ)に溶けやすいのが特徴です。

 

粗タンパクはやや低いため、雑味が少なくふっくらと香り豊かな味わいになるのが特徴です。

 

DEWA33|theDANN media

「DEWA33」の純正山形酒審査会認定証シール

 

山形県も出羽燦々の使用を推奨しており、「DEWA33」という認証シールを作りました。

 

これをボトルにつけるためには、全量出羽燦々、酵母は地元の山形酵母、精米歩合55%以下の純米吟醸酒、麹菌はオリーゼ山形を使用するなど決まりがあります。

 

DEWA33のテーマソング「DEWA33 ソング」はこちらから

https://yamagata-sake.or.jp/files/libs/556/201810251026008796.mp3

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。「出羽燦々を徹底解説!本当はカンタン酒米講座」は以上で終わりです。

 

出羽燦々は、待望の山形生まれの酒米だったんですね。飲むときに産地に思いを巡らせてみるのもいいかもしれません。

 

それでは、素敵な1日を!