theDANN media

theDANNは、「語らい、愉しい」をテーマに、お酒のメディア運営しています。吟醸、クラフトビール、ビオワインなどこだわりのあるお酒を中心に誰もがカンタンに楽しめる情報を発信しています。

menu

おすすめの日本酒漫画12選

おすすめの日本酒漫画12選|theDANN media

こんにちは、theDANN編集長のダンです。

 

日本酒がブームになっている今だから読んでほしい、日本酒を題材にした漫画をまとめました。日本酒の基礎知識について詳しく明記されているものから、つい日本酒が飲みたくなるものまで多種多様です。

 

中には発酵や酵母など日本酒造りの工程に注目した作品もあります。漫画を通じて日本酒初心者は勿論、上級者も新しい発見をしましょう。

 

それでは、はじまり〜はじまり〜

 

 

 

日本酒漫画のおすすめを始める前に

日本酒漫画を読むのは、ぜひAmazonのKindle Unlimitedを利用してみてください。30日間0円(終了後から税込980円)で全ての漫画ではありませんが、人気の漫画を読むことができるので、かなりおすすめです。 30日以内に退会してしまえば、お金をかけずに無料で漫画を読むことができます。

 

画像をクリックするとカンタンに登録できます。

 

日本酒造りが抱える問題をテーマにした「夏子の酒」

 

[画像:Amazonより]

日本酒を題材にした漫画といえば「夏子の酒」です。主人公の佐伯夏子が実家の造り酒屋を舞台に奮闘する物語で、主に日本酒が誕生するまでの苦労を描いています。この作品は日本酒の漫画の中でも名作として語り継がれ、現在もファンが多い作品です。その理由は、日本酒に携わる人にとって避けては通れない問題をいくつも提示しているからです。日本の酒造業の現状、市場に出回っている酒類の醸造工程、日本酒に使われる米の土壌などを取り扱っているので社会派漫画としても読めます。

 

扱うテーマは壮大ですが、ストーリーに集中しながらも日本酒の勉強になります。日本酒に関する情報量の多さに加え、近代農業が抱える問題とそれに関係する地域社会の難しさも表現されています。作中に登場する龍錦という幻の米は、亀の尾という酒米品種がモデルになっていて、実際に酒造家が復活させた事例があります。漫画のモデルになった蔵元、久須美酒造では原料米に亀の尾を使用したものが多く、夏子の酒が商品名の由来になっている夏子物語などを取り扱っています。

 

 

実在する日本酒が次々登場する、「いっぽん!!~しあわせの日本酒~」

[画像:Amazonより]

「いっぽん!!~しあわせの日本酒~」は、主人公の紗々が日本酒の素晴らしさに目覚めていくという話で、作中に登場する日本酒や酒蔵は全て実在します。酒造への取材を通じて制作された作品なので日本酒のカタログとしても読めるお得な一冊です。日本酒紹介漫画としても優秀で、秋田・新潟・山形などの有名米どころで造られた日本酒が色々登場します。

 

 

酒と恋には酔って然るべき

[画像:Amazonより]

周りの友人が結婚してしまい、飲み友達が最近少なくなってしまった32歳のOL・松子は、ひとり晩酌にハマり、カップ酒にハマってしまう。軽い気持ちで誘った会社の年下男子が気にり始める。恋愛の模様を描きながらも日本酒にも詳しくなれる日本酒恋愛ストーリーです。様々なカップ酒や、最近人気の銘柄を知ることができます。

 

 

日本酒の勉強にもなるマンガ

白熱日本酒教室

 

[画像:Amazonより]

基本から日本酒を覚えるなら、「白熱日本酒教室」がオススメです。この作品は日本酒に関して詳しくなりたいけれど、何から覚えていいのかわからない人に適しています。日本酒のラベルを読めるようになり日本酒を選べるようになります。種類豊富な日本酒を知ることで、現代の日本酒が持っている多様性を知ることにも繋がります。原材料や酒税法によって決められている日本酒の定義なども詳しく載っているので、これ一冊で日本酒に関しての基本的な知識を学べます。日本酒造りの過程で行われる発酵作業や酵母との関係についても、わかりやすく説明されています。

 

もやしもん

[画像:Amazonより]

発酵や酵母といった微生物に関したことに興味を持った人には「もやしもん」をオススメします。農業大学が舞台で、日本酒と親和性の高い単語が多く、日本酒造りに関しての知識を深めることができます。アニメやドラマに展開したこともあり、タイアップした日本酒が誕生し日本酒を楽しめる層を広げました。完結していますが、今でも根強い人気のある作品として支持されています。

 

食事と楽しむ日本酒をテーマに

日本酒に恋して 

[画像:Amazonより]

料理との調和を考えた作品といえば、日本酒ソムリエが原作を担当している「日本酒に恋して」というエッセイ漫画があります。この作品は日本酒ソムリエの千葉麻里絵さんが、蔵元や酒屋など日本酒を通じた出会いを漫画にしています。千葉麻里絵さんは日本酒のお店を経営しているので、店長として料理と日本酒を提供するシーンが多々あります。日本酒ソムリエという立場から、日本酒の可能性を広げる活動をしている千葉麻里絵さんの日本酒愛を堪能できる一冊です。

 

 

実在ゲキウマ地酒日記

[画像:Amazonより]

一風変わった日本酒好き夫婦が登場する「実在ゲキウマ地酒日記」という漫画があります。この漫画は作者が「夏子の酒」の影響で地酒に興味を持ち、良質でキレの良い甘みを求め夫婦で様々な地酒を楽しむという作品です。消費者目線で日本酒を楽しみ、ツマミを作ったりするシーンは読者に親しみを与えます。知識や理屈ではない部分で日本酒の楽しみ方を提示しているので、気軽に読める日本酒漫画として重宝されています。

 

 ワカコ酒

[画像:Amazonより]

女性一人でじっくりアルコールと向き合いながら食事を楽しむ「ワカコ酒」も日本酒好きにオススメです。こちらは食事のエッセンスとして日本酒を扱っている漫画です。仕事帰りに外食を楽しむエピソードが多いので食事がメインですが、日本酒などのアルコールも欠かせないアイテムとして毎回登場します。仕事帰りに一人で居酒屋に入って日本酒を楽しみたい女性にとって、理想の形を表現しています。特に焼き鮭を日本酒で味わう場面は日本酒好きの心に刺さるでしょう。ドラマも好評でシリーズ化されています。

 

 

酒のほそ道 

[画像:Amazonより]

酒好きの間では有名な「酒のほそ道」も日本酒を多く取り上げられています。居酒屋を舞台に酒と料理の調和を考えた話が多いので、必然的に日本酒の登場頻度が多くなります。日本酒にテーマを絞った「酒のほそ道 宗達に飲ませたい日本酒100選」という特集版もあるほどです。既に30巻以上コミックスが存在するため、国民的漫画のようにこれからも日本酒のエピソードを長く楽しませてくれるでしょう。

 

 

雰囲気を重視した日本酒マンガも

BAR レモン・ハート

[画像:Amazonより]

歴史のあるアルコールを題材にした漫画といえば「BARレモン・ハート」です。洋酒以外にも日本酒を扱うエピソードが多く、飲み方や選び方に関して詳しくなれます。毎回1種類のアルコールをメイン題材に、ヒューマンストーリーを絡めた話の構成になっています。

 

 ホロ酔い酒房

[画像:Amazonより]

人情ドラマを多めに楽しむなら「ホロ酔い酒房」も読み応えがあります。日本酒を中心にさりげなくアルコールが登場します。飲み歩き系日本酒漫画として評価が高い作品です。

 

美味しんぼ 

[画像:Amazonより]

 料理漫画として抜群の知名度を誇る「美味しんぼ」にも日本酒が登場します。日本酒の実力という話では、特定名称酒の製法の違いについて詳しく紹介しています。ただし現在は純米酒の精米歩合の割合が違うので、昔と今の違いを楽しみながら読むといいでしょう。

 

 

 

日本酒の漫画も種類が多い

 

日本酒を題材にした漫画の魅力は、漫画を楽しみながら日本酒について詳しくなることです。珍しい日本酒の酒蔵や銘柄を明記している作品も多いです。

 

ひたすら日本酒との向き合い方について描かれた作品もあります。愛されている日本酒が多いように、日本酒の漫画も種類が豊富です。お気に入りの日本酒漫画を見つけましょう。

 

 

おすすめ記事