theDANN media|お酒の総合メディア

theDANNは、「語らい、愉しい」をテーマに、お酒のメディア運営しています。吟醸、クラフトビール、ビオワインなどこだわりのあるお酒を中心に誰もがカンタンに楽しめる情報を発信しています。

menu

大分県産の安心院ワインをご紹介!味や香りを徹底解説!

大分県産の安心院ワインをご紹介!味や香りを徹底解説!|theDANN media


こんにちは、theDANN編集長のダンです。

 

今回は大分県で製造されている、安心院ワインについて徹底解説しました。味わいや香り、合う料理などを書きましたので、ぜひじっくり読んでくださいね。 

 

それでは、はじまり〜はじまり〜

 

 

 

安心院ワインとは?

安心院ワインとは?|theDANN media

 

安心院ワインは大分県宇佐市安心院(あじむ)町で造られているワインです。ワイナリーは2つあります。1つめは安心院ワインの中心である「安心院葡萄酒工房」で、経営母体は麦焼酎いいちこで知られる三和酒類株式会社です。

 

もうひとつは「安心院*小さなワイン工房」と言う名前で、経営母体は企業組合百笑一喜です。ここはハウスワイン特区を利用してワインの醸造を行っています。安心院葡萄酒工房のワインは商品性がしっかりしていて、安定した品質のものを酒販店で買い求められる一方、安心院*小さなワイン工房のワインは生産者ごとの限定ワインなど個性的な物が多くなっているのです。

 

安心院ワインの味わいや香り

安心院ワインの味わいや香り|theDANN media

 

安心院葡萄酒工房が造るワインの赤はほとんどがフルボディのしっかりした味わいのものです。いくつかの品種のワインがありますが、その中でも「小公子」と言う日本の山ぶどうの掛け合わせから生まれたぶどうで作ったものは、味も香りも特徴的です。特に香りは閉じがちなもので、開けてから1日くらいしてやっとフルーツのニュアンスが出てきます。

 

さらに数日置くとフローラル系やフルーツ系の混じったしっかりした香りになるのです。一方、白ワインはどれも辛口なのですが、デラウエアを冷凍して圧搾し、発酵も低温で行った「フランシスコ デラウエア」だけは極甘口の白ワインです。また、マスカット・ベーリーAを中心に造られたロゼもフルーツの香りが漂う甘口になります。

 

安心院ワインの産地

安心院ワインの産地|theDANN media

 

安心院は盆地です。昼と夜の寒暖差が激しいことで知られ、放射冷却による朝霧がよく発生します。安心院盆地には2本の川が流れているだけでなく、古い時代には湖であったらしいことから、水の豊富な土地柄でもあります。

 

こうした気候や土壌はぶどうの生産に適しているのです。ここではワイナリーの自社農園だけでなく、食用ぶどうも含めて年間1,300トン以上も栽培される西日本有数のぶどうの産地になっています。

 

安心院ワインに合う料理

安心院ワインに合う料理|theDANN media

 

安心院ワインは赤の場合フルボディのしっかりしたものが多いため、肉料理全般によく合います。その中でも味わいが濃く野趣あふれるジビエには特におすすめと言えるでしょう。

 

一方、白ワインはシャープな辛口のものが多く、魚料理はもちろんのこと、スパイシーな肉料理によく合います。特に脂分の少ないフィレ肉には大変相性が良くなっています。甘口のロゼや極甘口の白ワインはデザートワイン向けです。それだけで飲んでももちろん美味しいですが、甘さが少ないフルーツと合わせると意外な美味しさが感じられるでしょう。

 

安心院ワイン5選

卑弥呼 赤

 

安心院葡萄酒工房 安心院ワイン 卑弥呼 赤 は複数の安心院ワインをブレンドした、香味のバランスの良いワインです。ベリー系の香りやスパイスの香りなどが複雑に絡み合っています。

 

ミディアムボディの飲みやすい赤ワインと言うこともできるでしょう。芳醇であり奥深い味わいのこのワインは飲み飽きしないものと評価されています。価格帯は税込2,000円弱です。

 

ソーヴィニヨン・ブラン 白

 

安心院葡萄酒工房 安心院ワイン ソーヴィニヨン・ブラン 白は、ソーヴィニヨン・ブラン100%の原料ぶどうを用いています。これをステンレスタンクで発酵させ、ライトトーストの樽とステンレスタンクで貯蔵した辛口の白ワインです。

 

ハーブの香りやトロピカルフルーツの香りとフレッシュな酸味が特徴です。価格については税込2,000円弱程度で購入できます。

 

フランシスコ デラウエア 白

 

安心院葡萄酒工房 安心院ワイン フランシスコ デラウエア 白は、食用ぶどうとしても有名なデラウエアを原料に造られたワインです。クリオ・エクストラクション(氷果凍結圧搾・氷結搾り)で造られたこのワインは糖度が非常に高く、極甘口のデザートワインとなっています。

 

チェリーコンポートのような香り、ドライマンゴーの香りのような濃厚な甘みのある香りに、金木犀のような華やかな香りが含まれています。価格帯は税込2,500円前後ですが、このワインは普通の720mLサイズではなく、シェリー酒など甘口のワインでよく用いられるジェニーという500mLのボトルに入っています。

 

メルロー リザーブ 赤

 

安心院葡萄酒工房 安心院ワイン メルロー リザーブ 赤は、その年の作物の中で最もできの良かったメルローのみを使ったフルボディの赤ワインです。木桶での醸造に加えて樽貯蔵を行ったこのワインは、紅茶の香りの他スミレやバラなどフローラルの香りを持っています。

 

さらにバニラやスパイスの香りが感じられることもあるワインです。このワインは香りの他、しっかりした色調が得られ、力強い味わいになった年にのみリリースされる特別なワインです。価格帯は税込で3,500円前後です。

 

安心院ワイン スパークリング

 

安心院葡萄酒工房 安心院ワイン スパークリングは、安心院で収穫されたシャルドネ100%で造られた辛口の発泡性ワインです。国内では珍しい、瓶の中での二次発酵によって造られています。ワインのことですから年度によって特徴が変わりますが、黄金色のこのワインはフルーツの香りが特徴です。

 

洋梨や桃のような香りの他、ライチのような香りも感じられます。このワインは乳酸菌を使ったマロラクティック発行を行っていますので、それに由来するバター、トーストの香りも感じられます。価格帯は税込3,500円前後です。