theDANN media

theDANNは、「語らい、愉しい」をテーマに、お酒のメディア運営しています。吟醸、クラフトビール、ビオワインなどこだわりのあるお酒を中心に誰もがカンタンに楽しめる情報を発信しています。

menu

天狗舞の日本酒を徹底解説!味の特徴は?どんなこだわりがあるの?

天狗舞の日本酒を徹底解説!味の特徴は?どんなこだわりがあるの?|theDANN media

「日本酒50選シリーズ」は、「〇〇の日本酒を徹底解説!味の特徴は?どんなこだわりがあるの?」と題して、様々な銘柄や酒蔵を紹介するシリーズ記事です。

 

これまでの記事やこれからの記事はこちら、「おすすめ日本酒50選を徹底解説!味の特徴は?どんなこだわりがあるの?」に書いてありますので、ぜひ読んでみて下さいね。

 

No.48は「天狗舞」です!

はじめに

 

国税庁指定のGI白山に加盟している車多酒造をご存知ですか?

 

石川県は白山市にある車多酒造では、天狗舞というお酒を醸しています。

 

また、伝統の山廃仕込みという製法を使い、濃い山吹色のお酒も造られています。

  

ここでは車多酒造について、そして天狗舞について、詳しく紹介して行きます。

 

 

 

 

天狗舞はどこでつくられている日本酒?

 

天狗舞は、石川県白山市の地酒です。

 

今や、日本有数のブランドとなっている天狗舞を醸造しているのは、株式会社車多酒造。

 

車多酒造は1823年創業で、昔から多くの人に美味しい日本酒を提供してきた歴史のある会社です。

 

創業当時、酒蔵はうっそうとした森にあり、天狗が住まうという伝説がありました。

 

その天狗が酒蔵の酒を飲み、あまりの美味しさに舞ったという言い伝えから、天狗舞という酒銘が生まれたのです。

 

天狗舞は、手造りのこだわりがある日本酒として、日本だけではなく、世界各国からも注目されています。

 

車多酒造がある石川県の白山市は、国税庁より白山市の日本酒を保護する地理的表示、GI白山の指定を受けています。

 

一定の品質基準をクリアしたお酒しか指定されないため、美味しい日本酒を選ぶ際の一つの基準となっています。

 

2019年3月時点では、白山・山形・灘五郷地域の日本酒しか地理的表示の認定がされていません。

 

それだけ、車多酒造の日本酒は、品質の高い日本酒と認められているのです。

 

車多酒造一押しの日本酒「天狗舞 山廃仕込純米酒」

天狗舞 山廃 純米酒 日本酒

(画像:車多酒造公式HP)


車多酒造の看板商品である「天狗舞 山廃仕込純米酒」。

 

天狗舞の中でも、特に濃い山吹色の酒です。

 

伝統の山廃仕込みは、米と米麹、水の原料だけで、一から酵母を作るので、とても手間のかかる造り方です。

 

山廃仕込みと生酛という造りはよく比較されますが、山廃仕込みでは米をすりつぶさないという違いがあります。

 

生酛は米をすりつぶすことで乳酸菌を取り込む手法ですが、山廃仕込みは自然に任せ乳酸菌を発生させます。

 

生酛と山廃仕込みでできた日本酒では、それぞれ味や香りが違うので、どちらも一度は試したい日本酒と言えるでしょう。

 

天狗舞 山廃仕込純米酒は、醸造用アルコールが入っていないので、よりお米本来の旨味を感じやすくなっています。

 

旨味が強いので、おかずやご飯を食べながら、晩酌用として飲むのにぴったりな日本酒です。

 

例えば、天狗舞 山廃仕込純米酒とペアリングするなら、石川県の郷土料理であるぶり大根と一緒に飲むのも乙なものです。

 

また、濃厚かつ酸味のある日本酒なので、お肉料理も合うことでしょう。なお、少し温めて飲むと、より香りと味が引き立つのでおすすめです。

 

天狗舞 山廃純米大吟醸

天狗舞 山廃 純米大吟醸

(画像:車多酒造公式HP)


同じく山廃仕込みで造られた「天狗舞 山廃純米大吟醸」もおすすめです。

 

純米酒と違い、大吟醸なので厳冬期に仕込み、低温で長期間発酵させています。

 

フルーティーで酸味の効いた、切れの良いのどごしが特徴的です。

 

繊細な味わいがより引き立つように、冷やして飲むと良いでしょう。

 

「天狗舞 山廃純米大吟醸」とペアリングするなら、繊細な味を壊さないようなフルーツがおすすめです。

 

天狗舞は白山市を訪れたら飲んでおきたい日本酒

 

国税庁指定のGI白山に加盟している車多酒造は、伝統の山廃仕込みで造っている「天狗舞 山廃仕込純米酒」が有名な蔵元です。

 

天狗舞 山廃仕込純米酒は、濃い山吹色の酒。とても旨味が強く、手造りのこだわりを感じる日本酒となっています。

 

そんな天狗舞 山廃仕込純米酒と、ペアリングをするなら、ぜひ地元の郷土料理であるぶり大根がおすすめです。

 

旨味が強い酒なので、味の濃い料理との相性は抜群。

 

少し温めて、晩酌用として飲むのがピッタリの日本酒です。

 

石川県の白山市を訪れた際は、天狗舞が販売されている車多酒造を訪れてみてはいかがでしょうか。

 

いかがでしたでしょうか。今回は、「天狗舞の日本酒を徹底解説!味の特徴は?どんなこだわりがあるの?」について書きました。ぜひ天狗舞を飲みながら、もう一度読んでみて下さいね。 

 

最終回は「みむろ杉」です!

 

天狗舞を飲んだらtheDANNにレビュー|theDANN media

 

 

おすすめ記事