theDANN media|お酒の総合メディア

theDANNは、「語らい、愉しい」をテーマに、お酒のメディア運営しています。吟醸、クラフトビール、ビオワインなどこだわりのあるお酒を中心に誰もがカンタンに楽しめる情報を発信しています。

menu

シラーとは?おすすめや味わいについて徹底解説!

シラーとは?|theDANN media

 

こんにちは、theDANN編集長のダンです。

 

今回はシラーの味わいや香り産地などについて書きました。最後には、おすすめシラーを書きましたので、購入する際の参考にしてくださいね。

 

それでは、はじまり〜はじまり〜

 

 

 

シラーとは?

シラーとは?|theDANN media

 

シラーとはブドウの品種および、そのブドウから作られたワインの名称です。ブドウは皮が分厚く色が濃いのが特徴です。醸造すると美しい色合いの赤ワインとなります。フランスのコート・デュ・ローヌ地方から広まった品種で、近年の研究では、上品なワインの原料であるピノ・ノワールのDNAをいくらか受け継いでいることが判明しました。

 

ワインの醸造では長期熟成能力に長けていて、ブレンド用のワインとしても重宝されています。グルナッシュなどの他のワインの樽詰めのときに、シラーをブレンドすることで熟成能力が増して深みのあるワインができるのです。

 

シラーの味わいや香り

 

シラーの味わいや香り|theDANN media

シラーのワインはスパイシーと言われますが、黒コショウのようなほのかに鼻を刺激する香りは、フランスのローヌ産のシラーの特徴です。オーストラリアのシラーはふくよかな果実の香りが強くなっています。

 

産地によって香りが大きく違うのは、シラーが土壌の影響を受けやすいブドウだからです。同じ品種でも、土地の性質によって収穫されるブドウの味に違いが出てきます。フランスのシラーはスパイシーでエレガントな風味のするワイン、オーストラリアのシラーは果実味がしっかりしていながら、滑らかなタンニンをもっています。

 

シラーの産地

シラーの産地|theDANN media
 

シラーの有名な生産地はフランスのローヌ地方とオーストラリアです。オーストラリアでは「シラーズ」と呼ばれることもあります。フランスの代表的なシラーは、ローヌ地方のローヌ川に沿って栽培されています。

 

ローヌ川の周辺の地形は花崗岩土壌で、ワインにするときはシラーの個性を穏やかにするために白ブドウを加えて醸造しています。オーストラリアのシラーは、温暖な気候と長い日照時間の関係で、収穫時期には十分に熟しているのが特徴です。そのため、オーストラリアのシラーから作った赤ワインは芳醇な香りが強いのです。特にバロッサ産のシラーは世界屈指の品質と言われています。

シラーに合う料理

 

シラーに合う料理|theDANN media

シラーは主張が強い味なので、香りの強い料理や濃厚な料理にぴったりです。鹿やイノシシといった肉の香りが強いジビエ料理とは相性抜群です。

 

シラーも香りが強いので濃密な肉の味に負けることはなく、お互いの良さを高め合う組み合わせとなります。燻製もシラーの良さを引き出す料理です。特にパストラミとの組み合わせは一度試してみていいでしょう。

 

パストラミは、肉の表面を覆い隠すほど黒コショウやガーリックなどの香辛料をたっぷりまぶした燻製料理です。シラーはスパイスの利いた料理とも合うので、香りがついてさらにスパイシーなパストラミは、シラーのお供に理想的な料理なのです。

 

おすすめのシラー5選

コノスルの「カベルネ・ソーヴィニヨン」

 

1,000円以下というお手軽な価格で飲めて、なおかつ高い評価を得ているシラーがコノスルの「カベルネ・ソーヴィニヨン」です。チリ産のワインで自転車のラベルが目印です。

 

ドイツのBCSエコから認定された有機栽培のシラーだけを使ったワインで、国内外の数々のコンクールで受賞経験があります。熟成期間は8ヵ月。テイスティングノートには、チェリー、イチゴ、カシスの果実香とヴァニラのニュアンスがあると記されています。

 

デ・ボルトリの「ディービー シラーズ」

 

1,000円以下で飲めるもう一つのおすすめのシラーがデ・ボルトリの「ディービー シラーズ」です。日本のある雑誌が企画した「極旨ワイングランプリ」で一位を獲得したこともあるワインで、オーストラリアのシラーでありながらスパイシーな香りがあるのが特徴です。

 

熟成で使用したオーク樽の香りと酸味がバランスよくマッチしており、飲み下した後の余韻がすっきりとしている銘柄になります。

 

コノスルの「シングル ヴィンヤード」

 

1,000~3,000円でおすすめのシラーはコノスルの「シングル ヴィンヤード」になります。コノスル社が5年以上の歳月をかけて土壌ごとのブドウの味を研究して、シラーの個性が最も活きる土地から収穫したブドウを使用して作ったワインです。

 

フレンチオークの中で約14ヵ月熟成させてできたこのシラーは、フルボディでありながらタンニンはきつくなく、柔らかな甘みも感じられる一品となっています。

 

「クローズ・エルミタージュ ルージュ レ メゾニエ」

 

3,000~5,000円の価格帯でおすすめなのが、M.シャプティエの「クローズ・エルミタージュ ルージュ レ メゾニエ」です。M.シャプティエ社はローヌ川左岸に大規模なブドウ畑を有しており、その土壌からとれたシラーは豊富なミネラルを含んでいます。

 

フルーティーさを残した状態で樽から出したこのワインは、口に含むと黒スグリやラズベリーの香りが広がり、遅れてスミレの香りがやってきます。余韻にはヴァニラ、タバコ、森の香りが残ります。

 

「プロヴィダンス シラー」

 

特別な日に開けたい逸品で、20,000円程度の価格で販売されているのがニュージーランドのプロヴィダンス社が醸造しているシラーです。プロヴィダンスのブドウ畑は鉄分とミネラルを豊富に含んだ火山土壌になっており、そこで無農薬栽培で育てたシラーを使用しています。

 

樽発酵の最初の22日間はワイン全体に空気がいきわたるように4時間おきに液体を循環させています。その後24ヵ月熟成したシラーの味わいは、エレガントの一言です。

 

まとめ

 

今回は、「シラーとは?おすすめや味わいについて徹底解説!」について書きましたが、いかがだったでしょうか。

 

ぜひシラーを実際に飲みながら、もう一度記事を読んでみてくださいね。

 

theDANN mediaでは、ワインの特集記事をたくさん用意しております。ぜひ他の記事も読んでみてくださいね。詳しくは下のリンクから確認してください。

 

contents.thedann.com

 

おすすめ記事