theDANN media|お酒の総合メディア

theDANNは、「語らい、愉しい」をテーマに、お酒のメディア運営しています。吟醸、クラフトビール、ビオワインなどこだわりのあるお酒を中心に誰もがカンタンに楽しめる情報を発信しています。

menu

シャンパンを徹底解説!主な価格帯や上手な選び方をご紹介!

シャンパンを徹底解説!主な価格帯や上手な選び方をご紹介!|theDANN media

 

 

こんにちは、theDANN編集長のダンです。

 

今回はシャンパンについて徹底解説しました。上手な選び方、料理との合わせ方などを書きましたので、ぜひじっくり読んでくださいね。 

 

それでは、はじまり〜はじまり〜

 

 

 

シャンパンの価格帯

シャンパンの価格帯|theDANN media

 

シャンパンの値段は非常に幅が広いことが特徴です。相場としては、1,000~20,000円ほどのものがよく出回っており、人気も高めです。予算に合わせて、さまざまな種類から選べるところが魅力の1つと言えます。

 

ちなみに、シャンパンというと高級なお酒というイメージをもっている方も多いのではないでしょうか?実際、シャンパンの中には数十万円、あるいは100万円以上など、非常に高価な銘柄も存在します。なかなか日常的に購入できるような金額ではありませんが、どれだけシャンパンの値段の幅が広いかがわかりますよね。

 

シャンパンの選び方

シャンパンの選び方|theDANN media

 

シャンパンを選ぶときはいくつかのコツがあります。例えば、味わいを重視して選ぶ方法が1つです。日本酒やワインのように、シャンパンにも甘口・辛口の種別があります。甘さの強いものからドゥー、ドゥミ・セック、セック、辛口はエクストラ・ドライ、ブリュット、エクストラ・ブリュットの順で辛さが上がり、ブリュット・ナチュールなどが超辛口に分類されます。飲む人の好みに合ったシャンパンを選べば、よりおいしく感じられるでしょう。

 

また、シャンパンのグレードに注目する選び方もあります。シャンパンは、使用しているぶどうの質や種類によってグレードが異なります。もしシャンパンを普段あまり飲まないなら、スタンダードな「ノン・ヴィンテージ」から挑戦するのがおすすめです。

 

スパークリングワインについて

スパークリングワインについて|theDANN media

 

シャンパンは高くて手が出せないという方は、スパークリングワインを選ぶのも良いでしょう。発泡性のあるワインは全てシャンパンだと考えている方もいるかもしれませんが、厳密な区別があります。

 

そもそも、発泡性のあるワインは全てスパークリングワインに分類されます。その中でも、フランスのシャンパーニュ地方で生産され、かつ指定のぶどうを使用していることやシャンパーニュ方式という製法で製造していることなど、細かなルールをクリアしているものだけが、シャンパンと称されます。

 

つまり、シャンパンはスパークリングワインの中の1つの種類だということです。大元の部分は同じ発泡性ワインにカテゴライズされるため、両者は味も似ています。なお、スパークリングワインはシャンパンより安価な傾向にあり、1,000円以下で購入できるものもあります。

 

シャンパンに合う料理

シャンパンに合う料理|theDANN media

 

シャンパンと洋食はスタンダードな組み合わせです。中でも、フライやアヒージョなど、オイルを使った料理との相性は抜群。シュワシュワとはじける泡の刺激とキレのある喉越しが、オイリーな料理の風味とマッチします。

 

また、肉料理には赤ワイン、魚料理には白ワインというような合わせ方をしますが、シャンパンの場合も同じ考え方になります。白のシャンパンを飲むときにはアクアパッツァやカルパッチョ、ロゼシャンパンを飲むときはビーフシチューや肉のグリルなどを合わせるのが良いでしょう。

 

なお、和食と組み合わせてみるのもおすすめです。貝類の焼物などと合わせると、貝の複雑な風味とシャンパンの味わいのマリアージュが期待できます。

 

おすすめシャンパン5選

モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル

 

「モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル」は、シャンパンの中でも特に高い人気を誇る商品です。シャンパンを語る上では、やはりモエは外せません。世界で最も規模の大きいシャンパン・メゾン、モエ・エ・シャンドンの看板商品です。

 

すっきりキレのある飲み口やバランス良く上品な味わいが多くのファンに愛されています。見た目もゴージャスで、プレゼントとしても喜ばれやすいでしょう。容量によって種類がありますが、200mlや350mlのタイプであれば、2,000~3,000円ほどで購入できます。

 

シャンパーニュ・アルベール・ルブラン・ブランド・ノ・ワール・ エクストラ・ブリュット

 

桃や柑橘類などの果実味を活かした味わいが特徴のシャンパンです。辛口ながら、甘みも感じられるふくよかな風味で、シャンパン初心者にもおすすめ。

 

なお、値段も約3,000円と手頃なので、自宅用や贈り物などさまざまなシーンにマッチするでしょう。

 

ポール・ダンジャン ダンジャン・フェイ ブリュット

 

こちらは人気グルメ漫画にも登場したシャンパンです。果実や花、スイーツなどさまざまな甘さを含んだような風味や、すっきり爽やかな飲み口が魅力です。

 

非常にバランスの良い味わいで、合わせる料理を選びません。値段も約4,000円と購入しやすく、コスパの高い商品です。

 

テタンジェ ブリュット・レゼルヴ

 

キレのある辛口の中にフルーティーな風味が感じられる、フレッシュな味わいが魅力的です。すっきりとした飲み口でさまざまな料理に合わせやすいところもポイントでしょう。

 

容量によって種類がいくつかありますが、375mlや750mlのタイプであれば、4,000~5,500円ほどで購入することができます。

 

ドンペリニヨン

 

「ドンペリニヨン」と言えば「ドンペリ」の通称で知られる高級シャンパンの代名詞。シャンパンを飲まなくても、名前だけは聞いたことがあるという方もいるでしょう。世界各国で人気を集める上質かつ複雑な味わいに憧れるワイン通は多いはず。

 

17,000~19,000円ほどで購入が可能です。特別な日のとっておきの1本にいかがでしょうか?