theDANN media|お酒の総合メディア

theDANNは、「語らい、愉しい」をテーマに、お酒のメディア運営しています。吟醸、クラフトビール、ビオワインなどこだわりのあるお酒を中心に誰もがカンタンに楽しめる情報を発信しています。

menu

シャブリワインとは?特徴や美味しい飲み方を解説!

シャブリワインとは?特徴や美味しい飲み方を解説!|theDANN media

 

 

こんにちは、theDANN編集長のダンです。

 

今回は辛口白ワインの代名詞、シャブリワインについて徹底解説しました。歴史や味わい、合う料理などを書きましたので、ぜひじっくり読んでくださいね。 

 

それでは、はじまり〜はじまり〜

 

 

 

シャブリワインとは?

シャブリワインとは?|theDANN media

 

シャブリワインとは、ブルゴーニュ産のシャルドネ種のぶどうをつかい、ブルゴーニュ地方にあるシャブリ村で生産されているワインです。シャブリ村はフランス・ブルゴーニュ地方の最北部にあり、シャンパンの生産地であるシャンパーニュ地方にほど近い場所にあります。

 

シャブリワインとしてつくられるのは辛口の白ワインのみです。色合いは、淡く輝く黄金色から緑がかった美しい黄金色まで、さまざまです。シャブリワインは9世紀の中頃にはすでに高い人気と評価を博しており、現在も辛口白ワインの代名詞的な存在といえます。

 

シャブリワインの味わいや特徴

シャブリワインの味わいや特徴|theDANN media

 

シャブリワインの味わいの特徴は、フルーティな香りとすっきりと際立つ酸がつくりだす辛口の味わいです。シャルドネ種は世界中で栽培されている品種ですが、栽培される土地によって味が大きく変化する特徴があります。

 

冷涼な気候であるシャブリ地区で育つシャルドネは、シャープで心地よいキレのある酸が豊富になります。また、シャブリ地区独特のキリメンジャンとよばれる石灰質の土壌のため、ミネラル感も豊かになります。

 

シャブリワインのなかでも長期熟成された上級なものは、冷やしすぎずに10度~12度くらいで飲むのがおすすめです。ミネラル由来のナッツやバニラのような華やかな香りを楽しめるでしょう。手ごろな価格のシャブリは、しっかり冷やして飲むと、切れの良いスッキリした酸味を楽しめるでしょう。

 

シャブリワインの産地

シャブリワインの産地|theDANN media

 

シャブリ村は昔は海の底で、その後隆起して陸になった場所なので、土壌には貝殻などの化石が多く混ざっています。その時に形成されたのがキンメリジャンとよばれるミネラルが豊富な粘土石灰質の土壌で、シャブリの畑の下土を形成しており、シャブリワインの特徴的な味と香りづくりに大きく貢献しているのです。

 

冷涼な気候が生み出す心地よい酸味と、ミネラル豊富な土壌が育む香りの高さが、シャブリワインのよさとなっています。シャブリはフランスワインの最上級である「AOC(原産地呼称)」認定を受けているワインです。

 

ブルゴーニュ地方のワインはその「AOC」によりさらに畑のランクごとに4つに分けられており、格付けの高いほうからシャブリ・グランクリュ/シャブリ・プルミエクリュ/シャブリ/プティシャブリとなっています。

 

シャブリワインに合う料理

シャブリワインに合う料理|theDANN media

 

シャブリはすっきりとした酸味がある辛口のワインなので、和食との相性がとても良いです。和食のレストランで白ワインといったらシャブリが出てくることが多いのではないでしょうか。

 

鰻の白焼きや天ぷら、お刺身、寿司など素材をいかしたシンプルな料理にとてもよく合います。シャブリの酸味は魚介類の生臭みを消してくれるので、魚介類とも相性が良いです。ロブスターグリル、カルパッチョやスモークサーモンなどもおすすめです。

 

その他、シャブリは牡蠣との相性も抜群です。生でもグリルでもとてもよく合います。チーズとの相性もよいので、シーフードグラタンもおすすめです。

 

シャブリワイン5選

ラ シャブリジェンヌ・シャブリ・ラ・ピエレレ・ハーフ 2017年

 

「ラ シャブリジェンヌ・シャブリ・ラ・ピエレレ・ハーフ 2017年」(楽天で1,172円)は、シャルドネ100%使用の辛口白ワインです。容量は375mlとなっています。 生産はフランス・ブルゴーニュでトップともいわれるワイナリーのラ シャブリジェンヌ。

 

ステンレスタンクで6か月熟成させたシャブリは、エレガントでフルーティなアロマが香る、もっともクラシックなスタイルのシャブリといえます。価格的に手ごろなのも魅力的ですね。

 

シャブリ・ヴィエイユ・ヴィーニュ・ハーフ 2018

 

「 シャブリ・ヴィエイユ・ヴィーニュ・ハーフ 2018」(楽天で1,140円)の生産者であるエマニュエル・ダンプは、フランスの有名なワインガイドブックにも掲載されています。パリの農業コンクールで金メダルを受賞しています。

 

こちらはコクのある辛口の白ワインです。手摘みしたぶどうを丁寧に搾汁し、木樽で熟成させてつくられたこのシャブリワインは、フレッシュな酸味とミネラルの凝縮感があり、とてもバランスの良いまとまり感のあるワインになっています。気軽に飲める375ml入りです。

 

ウイリアム・フェーヴル社 AOC シャブリ 2018

 

「ウイリアム・フェーヴル社 AOC シャブリ 2018」(楽天で2,288円)は、辛口白ワインで750ml入り。1850年の創設以来、ウィリアム フェーブルはフランス国内はもとより世界中で高い評価を受けてきたワイナリーです。

 

ステンレスタンクで熟成されたこのワインは、果実や柑橘のフレッシュな香りとミネラル感を楽しめるワインです。すっきりとしたバランスの良い酸味も特徴的です。

 

シャブリ プルミエ・クリュ ロム・モール 2015

 

「シャブリ プルミエ・クリュ ロム・モール 2015(ドメーヌ・イヴォン・エ・ローラン・ヴォコレ) 」(楽天で4,239円)は辛口の白でフルボディ、750ml入りです。ワイン専門誌で星を獲得しているワインです。

 

ロム・モールはプルミエ・クリュに格付けされており、できるだけ自然のままのワインつくりを目指している生産者です。9ヶ月ステンレスタンクで熟成させたこのワインは、シャブリらしいすっきりとした柑橘系や花の香りにミネラルのニュアンスが調和をとっており、酸のバランスが非常によく、繊細さも感じることのできるシャブリです。

 

生産量の98%ほどはフランス国内にて消費されていて、輸出は2%ほどになりますので、貴重なシャブリといえるでしょう。

 

シャブリ・グラン・クリュ・レ・クロルイ・ジャド 2016

 

「シャブリ・グラン・クリュ・レ・クロルイ・ジャド 2016 」は、グラン・クリュ(特級畑)にランク付けされている畑でつくられる辛口白ワインで、750ml入りです。

 

1859年の創業から名門として高い評価・人気を博してきたルイ・ジャド社によるシャブリです。すべて手摘みで収穫されたぶどうを搾汁し、ステンレスタンクで数日間静置されたあと、発酵が始まったらオーク樽に移され、10~20カ月間熟成されます。

 

熟成により、甘味のある果物と花の香りにバニラやバターの香りが折り重なる、豊かな芳香を持ったワインです。しっかりとしたミネラル感も感じられます。贈答用やとっておきのお祝いなどにもおすすめです。