theDANN media|お酒の総合メディア

theDANNは、「語らい、愉しい」をテーマに、お酒のメディア運営しています。吟醸、クラフトビール、ビオワインなどこだわりのあるお酒を中心に誰もがカンタンに楽しめる情報を発信しています。

menu

ケンゾーエステートについて徹底解説!評価は?種類は?

ケンゾーエステートについて徹底解説!評価は?種類は?|theDANN media

 

こんにちは、theDANN編集長のダンです。

 

 

それでは、はじまり〜はじまり〜

 

 

 

ケンゾー エステートとは?

ケンゾー エステートとは?|theDANN media

 

ケンゾー エステートは、大手ゲームメーカーであるカプコンの創業者として成功した辻本憲三氏が1990年代に造り始めたワインです。KENZO氏は、カリフォルニアのナパヴァレーに広がる広大な土地を手に入れ、ブドウ畑とワイナリーへと開墾を開始しています。

 

KENZO氏の土地は、ケンゾー エステートが誕生する前から周辺のワイナリーにブドウ畑として使わせてほしいと懇願されるほど自然に恵まれています。四方を山々に囲まれた高地は、昼夜の寒暖差が激しく薫り高いブドウが育つのが特徴です。470万坪の土地のうち、ワイナリーに使われているのは厳選された5%。土の性質ごとに品種を分けて植えられたブドウは、緻密に管理されています。

 

ケンゾー エステートの評価

ケンゾー エステートの評価|theDANN media

 

ナパヴァレーの一角で造られているケンゾー エステートは、カリフォルニアワインの名産地で醸造される新しいワインとして評価を受け始めました。注目を受けるきっかけには、数多のカルトワインを生み出してきたカリスマ的ブドウ栽培家が関わっていることも影響しています。

 

ナパ生まれでそのワイン史に数々の軌跡を残してきた女性醸造家の参加も、ケンゾー エステートの評価に貢献しています。直営レストランがミシュランの星を獲得し世界中の美食家・ワイン愛好家から熱視線を送られていることからも、ケンゾー エステートの評価は上昇の一途をたどっているのです。

 

ケンゾー エステートが飲めるお店

ケンゾー エステートが飲めるお店|theDANN media
 

ケンゾー エステートを食事と一緒に楽しむなら、直営店がおすすめです。アメリカのカリフォルニアでは、ワイナリーのオーナー自ら開業した日本料理店ケンゾー ナパが営業しています。

 

日本国内では、ケンゾーワイナリーと名付けられた5店舗のレストランでケンゾー エステートを味わえます。東京の広尾・大阪・六本木・京都・銀座に位置する5店舗は、それぞれ異なる雰囲気を持つインテリアで迎えてくれるのが魅力です。

 

例えば京都の祇園店では京の食材を取り入れた料理、銀座店ではフレンチと和食を融合させた料理を味わえます。壁一面にワインを飾った店舗では、ワイナリーで食事を楽しんでいるような気分になれます。

 

ケンゾーエステイトに合う料理

ケンゾーエステイトに合う料理|theDANN media

 

ケンゾー エステートは世界各国の美食が集結したナパ・ヴァレーを産地としていますから、どんな料理にもマッチします。直営レストランでも味わえるイタリアンやフレンチをはじめ、カリフォルニアキュイジーヌやエスニックと合わせてみるのもおすすめです。

 

日本人が生んだワインということもあり、繊細な見た目や味わいを持つ日本料理に合わせるのもいいでしょう。ケンゾー エステートは高級ランクに属するワインのため、普段着の料理より少しおしゃれをしたご馳走と相性抜群です。刺身・寿司・天ぷら・すき焼き・しゃぶしゃぶなど、ゲストを招いたときの食事にもピッタリです。

 

楽天やアマゾンで買えるケンゾーエステイトのワイン

ケンゾーエステート 明日香

 

ケンゾーエステート明日香は、カベルネ・フランとメルロを原料とした赤ワインです。上質でピュアな風味を持つこのワインには、清浄な地・神聖な場所という意味を持つ明日香という名前がマッチしています。

 

フローラルとスパイシーが融合した華やかさを22,000円ほどで堪能できる明日香は、2018年にアメリカワイントップ100の1本に選定されています。

 

ケンゾーエステート 紫鈴 rindo

ケンゾーエステート紫鈴rindoは、ケンゾーエステートのフラッグシップワインです。ボルドースタイルのブレンドタイプで、17,000円くらいから購入できます。

 

ブドウが鈴なりになっているブドウ畑をリンドウの花に見立てて付けられた名前ですが、紫の花色の高貴なイメージとケンゾーエステートのブドウの質の良さを結び付けた意味も込められています。深みのあるしなやかな味わいを堪能できるワインです。

 

夢久 muku

 

夢久mukuは、ソーヴィニヨン・ブラン79%、セミヨン21%が原料のワインです。敢えて収穫期を遅らせた白ブドウのみを使い、高めの糖度とフルーティフルな味わいに仕上げています。

 

375ml入りのハーフサイズなら8,000円程度とケンゾーエステートの中では手頃な値段です。ひと口含めば甘美な夢に酔えそうな夢久mukuは、デザートワインとして楽しむのもよいでしょう。

 

ケンゾーエステート あさつゆ 

 

ケンゾーエステートあさつゆは、フルボトルで20,000円弱、ハーフボトルなら9,000円台で購入できます。ソーヴィニヨン・ブラン96%、セミヨン4%を原料としたワインです。

 

白ブドウが朝つゆに包まれて輝いているような色味をしていて、見た目から清涼そのものの雰囲気を持っています。風味は、シトラス、ピーチなどの果実味が爽やかで、スッキリした酸味が特徴的。3年連続で、全米のベスト・オブ・ソーヴィニヨン・ブランに選ばれています。

 

 

ケンゾーエステート 結 yui

 

ケンゾーエステート結yuiは、このワイナリーでは希少なロゼワインです。フルボトルが12,000円程度で買えるワインですが、ワイナリー関係者の絆を意味する結という名前には価格以上の重みを感じられます。

 

ローズピンクの色合いとチェリーや木苺の香りには、甘い味わいがイメージされるでしょう。ところが、飲んでみると清涼感のある意外にドライでリッチな味わいに驚かされます。年間生産量が少ないため、出荷されたら早めに手に入れることをおすすめします。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。カプコンの社長が作ったワインはやはり絶大な人気を誇っているんですね。

 

ぜひこの記事を読んだあとは実際にケンゾーワインを味わってみてくださいね。

 

それではまた次回!

 

おすすめ記事